燃費の良い乗用車「普通・小型」首位はプリウスに 国交省が2016年のベスト10発表

国土交通省が、2016年末時点で販売されている乗用車の燃費ベスト10を発表。普通・小型自動車部門は、トヨタ「プリウス」が40.8km/Lで首位でした。

「軽」はスズキの「アルト」がトップ

 2017年3月29日(水)、国土交通省が、2016年末時点で新車として販売されている乗用車の燃費(JC08モード燃費値)ベスト10を発表しました。その内容は次のとおりです。

●普通・小型自動車ベスト10
・1位:トヨタ「プリウス」40.8km/L★
・2位:日産「ノート」37.2km/L★
・3位:トヨタ「アクア」37.0km/L★
・4位:ホンダ「フィット」36.4km/L★
・5位:ホンダ「GRACE」34.4km/L★
・6位:ホンダ「SHUTTLE」34.0km/L★
・7位:トヨタ「カローラ アクシオ」33.8km/L★
・7位:トヨタ「カローラ フィールダー」33.8km/L★
・9位:スズキ「ソリオ」32.0km/L★
・10位:ホンダ「アコード」31.6km/L★

軽自動車ベスト10
・1位:スズキ「アルト」37.0km/L
・1位:マツダ「キャロル」37.0km/L
・3位:スズキ「アルト ラパン」35.6km/L
・4位:ダイハツ「ミラ イース」35.2km/L
・4位:トヨタ「ピクシス エポック」35.2km/L
・6位:スズキ「ワゴンR」33.0km/L★
・6位:マツダ「フレア」33.0km/L★
・8位:スズキ「ハスラー」32.0km/L★
・8位:マツダ「フレア クロスオーバー」32.0km/L★
・8位:スズキ「スペーシア」32.0km/L★
・8位:マツダ「フレア ワゴン」32.0km/L★

 ★はガソリンハイブリッド車です。なお、ハイブリッド車を除く普通・小型自動車ベスト10は次のとおり。☆はディーゼル車を示します。

●普通・小型自動車ベスト10(ハイブリッド車除く)
・1位:マツダ「デミオ」30.0km/L☆
・2位:ダイハツ「ブーン」28.0km/L
・2位:トヨタ「パッソ」28.0km/L
・4位:フィアット「500」「500C」26.6km/L
・5位:日産「ノート」26.2km/L
・6位:ホンダ「フィット」26.0km/L
・7位:フォルクスワーゲン「up! 1.0/55kW (ASG)」25.9km/L
・8位:フォルクスワーゲン「cross up! (ASG)」25.2km/L
・9位:マツダ「CX-3」25.0km/L☆
・9位:トヨタ「ヴィッツ」25.0km/L

 同じ通称名のクルマは、仕様やグレードにより燃費値が異なる場合がありますが、これらのベスト10では、同じ通称名を持つクルマのなかで最も良い燃費値を持つものが掲載されています。

国土交通省が、乗用車の燃費ベスト10を発表(画像:antikainen/123RF)。

 なお、これらのベスト10とは別に、燃費基準達成・向上達成レベルについても発表されています。一般にクルマは重量が重いほど燃料を多く使うため、燃費基準値が車両重量に応じて設定されています。2015年度の燃費基準において、達成レベルが最も高かった乗用車は、普通・小型自動車では達成率249%のホンダ「オデッセイ」、軽自動車では達成率169%のスズキ「アルト」とマツダ「キャロル」でした。

 ちなみに、2015年度に販売された乗用車の平均燃費は21.6km/Lであり、前年度から約0.5%低下しています。国土交通省はこの低下のおもな要因として「車両重量が軽く、相対的に燃費が良い車両区分の出荷比率が低下したこと」を挙げています。

【了】

テーマ特集「【自動車】燃費向上テク、選び方…知っておきたい燃料の話」へ

1 2

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 実燃費で出せよ
    最近は実燃費と差がありすぎて出せないか笑

    うちの車は燃費競争が過激化する前の車だから、広域農道なんかを走ってるとカタログ燃費を超えることが普通にあるというのに…

    • 実燃費の定義とは?
      人それぞれ乗り方が違うのだから「俺の乗り方では~」は意味がないですね。

      モード燃費はモード燃費として購入時の比較材料程度にとどめればいいわけで、問題はその測定方法が広く周知されていないことでしょうね。

  2. そういえばスズキの燃費だけは国交省のお墨付きでしたね

  3. 実燃費は運転手の体重や気温等の地域差、季節や天候でも変わるので無理だと思います。

    まぁ2018年のWLTP方式導入と、ネット上に投稿された数値を見るしか方法は無いとは思います。