ハチ公口「青ガエル」横にエスカレーター、あす開通 大規模工事中の渋谷駅、「できるところから」改良進む

渋谷駅ハチ公口から渋谷地下商店街に続く階段に、エスカレーターがあす2017年3月31日に開通します。大規模工事中で乗り換えに不便な状態の渋谷駅ですが、「できるところから」バリアフリー化などの改良が進みます。

乗り換えの利便性向上に「縦の移動」改善

 渋谷駅ハチ公口広場の電車「青ガエル」すぐ脇、渋谷地下街に続く階段(出口8番)に、あす2017年3月31日(金)、エスカレーターが開通します。

170330 shibuyadosen 01
エスカレーター(白く目張りされた箇所)が開通する、渋谷駅出口8番(2017年3月30日、中島洋平撮影)。

 渋谷川がつくり出した谷の底に位置する渋谷駅は、各鉄道路線が地下5階から地上3階までを利用して多層的に乗り入れており、2008(平成20)年の東京メトロ副都心線開業、2013年の東急東横線地下移設を経て、「縦の移動」の利便性向上がますます重要になっています。

 そのための大規模工事が各所で進められており、駅の中は目張りした箇所や、仮通路を通るような箇所が多数存在。整備を進める東急電鉄は、「ご利用されるお客様にはご不便をおかけしています。バリアフリー化整備などについては、各種開発事業の完成を待たず、できるところから進めてまいります」と話します。出口8番へのエスカレーター設置も、その「できるところからの整備」のひとつだそうです。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 良いじゃないすか
    昔からの渋谷ファンである昭和中期以前の世代には複雑かも知れないけども、
    そういう変化自体が、渋谷を含む東京都心の魅力でもあるから

    • 自分もそう思います。絶えず動き続け、人々の力やドラマが映し出される街。それが東京始め、日本の大都市の本当の魅力。