「楕円」が特徴の新観光用車両、2018年春デビュー 叡山電鉄

2018年春、叡山電鉄に、八瀬・比叡山方面の観光客を対象とした新しい観光用車両が登場します。

700系電車を大幅に改造

 京阪ホールディングスとグループ会社の叡山電鉄は2017年3月30日(木)、八瀬・比叡山方面の観光客を対象とした新しい観光用車両を2018年春から運行すると発表しました。

170330 eiden700 01
叡山電鉄に新たに登場する観光用車両のイメージ(画像:叡山電鉄)。

 車両は既存の700系電車1両を大幅に改造。叡山電鉄は「叡山電車の2つの終着点にある『比叡山』と『鞍馬山』の持つ荘厳で神聖な空気感や深淵な歴史、木漏れ日や静寂な空間から感じる大地の気やパワーなど、『神秘的な雰囲気』や『時空を超えたダイナミズム』といったイメージを『楕円』というモチーフで大胆に表現」したといいます。

 叡山電鉄の叡山本線(出町柳~八瀬比叡山口)は、1925(大正14)年に比叡山延暦寺への参詣ルートとして開業。叡山ケーブル、叡山ロープウェイとともに比叡山、琵琶湖観光ルートの京都側の足として、観光客らの輸送を担っています。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. なんかキモい