日本郵船にて初の女性船長誕生 創業132年目、様々な人材働く環境の整備を実践

日本郵船に女性船長が誕生しました。創業132年目にして初めてのことだそうです。

創業132年目、初の女性船長誕生

 日本郵船は2017年4月3日(月)、同社社員の航海士、小西智子さんを4月1日(土)付で船長に登用したと発表しました。同社132年の歴史のなかで初めての女性船長とのことです。

170403 nyk 01
日本郵船132年目にして初の女性船長となった、同社の小西智子さん(画像:日本郵船)。

 小西さんは2004(平成16)年、鳥羽商船高等専門学校を卒業し日本郵船に入社、外航船社のなかでも先駆けとなる、初の女性航海士としての採用だったそうです。そののち、コンテナ船、自動車専用船、LNG船などで乗船経験を積んできたといいます。

 1885(明治18)年に創業した日本郵船では、1896(明治29)年にボンベイ航路「廣島丸」にて島津五三郎さんが初めて日本人船長になりました。小西さんが船長を務めるのは同社創業から132年目、同社初の日本人船長誕生からは111年目のことになります。

 日本郵船は、小西さんが入社した2004年以降、「女性海技者は年々増加し、現在14名が勤務しており、その活躍の場は海上・陸上を問わず全世界に広がっています。当社は今後も、多様な人材が活躍できる職場環境づくりと人材育成を推進していきます。」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント