宮古~室蘭間のフェリー新航路、運賃発表 片道10時間、毎日1往復運航 川崎近海汽船

川崎近海汽船が、2018年6月に開設する宮古~室蘭航路の運賃を発表しました。

使用船舶は「シルバークィーン」

「シルバーフェリー」(八戸~苫小牧)などを運航する川崎近海汽船は2017年4月3日(月)、新たな定期航路の宮古~室蘭間について、運賃を発表しました。

 旅客は、特等が1万5000円、1等が1万2000円、2等寝台が8000円、2等が6000円(いずれも子供半額)。学生割引の場合、2等寝台が6800円、2等が4800円です。

 乗用車は、4m未満が2万800円、5m未満が2万6000円、6m未満が3万1200円(運転者1人分の2等運賃含む)。自転車は2600円、オートバイは125cc以下が5200円、125cc超が7300円、750cc以上が9400円です(旅客運賃含まず)。このほか、貨物車(トラック)や手小荷物の運賃設定もあります。

 国土交通省の一般旅客定期航路事業の許可が前提。金額はいずれも片道で、消費税込みです。

170406 miyakomuroran 01
宮古~室蘭航路が2018年6月に開設される(画像:川崎近海汽船)。

 この航路は2018年6月に開設される予定です。岩手県の宮古港と北海道の室蘭港を、片道10時間かけて毎日1往復します。運航ダイヤは次のとおり。

・宮古8時00分発→室蘭18時00分着
・室蘭20時00分発→宮古翌6時00分着

 船舶は現在、八戸~苫小牧航路に就航している「シルバークィーン」が使用されます。全長134.0m、総トン数7005トン、航海速力20.7ノット。車両はトラック69台(12m換算)、乗用車20台が積載可能。旅客定員は600人です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. トラックなどの陸路より航路の方が大量に運べて短時間で到着するから、航路の重要性も必要だと思います。
    特に宮島口駅や和歌山港駅みたいに電車から直ぐに船に出られるのは大きいと思います。

  2. 需要が伸びて、夕方宮古発の朝室蘭着、朝室蘭発の夕方宮古着という便も出来れば完璧。

    18きっぷで青函トンネルを鉄道で通ろうとすると効率が悪いので、本州~北海道の航路が充実してくるのはありがたい。
    中には宿の代わりになるものも。
    オススメはやっぱり八戸~苫小牧の夜行便。

  3. 宮古って言うから宮古島から室蘭までの距離をどうして10時間で行けるのかと思ってしまったぜ。