LCCと鉄道で道北へ 4日乗り放題、特急OK、GWも利用可 JR北海道がきっぷ発売

JR北海道がLCCと連携し、道北の鉄道旅行に便利なフリーきっぷを発売します。

新千歳空港駅で発売

 JR北海道は2017年4月12日(水)、LCCのPeach、バニラエアと連携し、特別企画乗車券「Peachきた北海道フリーパス」「バニラエアきた北海道フリーパス」を発売すると発表しました。

 これまで、道東方面がフリーエリアの「Peachひがし北海道フリーパス」「バニラエアひがし北海道フリーパス」(各1万5500円、子供半額。5日間有効)が発売されていましたが、今回、道北方面のきっぷが新たに加わります。

170413 jrhlccdohoku 01
雄大な景色の中を走るJR北海道の列車(画像:JR北海道)。

 値段は1万2500円(子供半額)。有効期間は4日間です。きっぷは新千歳空港駅にある「みどりの窓口」で、Peachまたはバニラエアの新千歳到着便の搭乗券を提示した人にのみ発売されます。

 函館本線(小樽~旭川)や留萌本線、富良野線、宗谷本線などのフリーエリア内で、特急、急行、普通(快速含む)列車の普通車自由席が乗り放題。発売期間は4月29日(土・祝)から9月30日(土)まで、利用期間は4月29日(土・祝)から10月3日(火)までです。前売りはされず、搭乗当日のみ発売されます。

 ちなみに「Peachひがし北海道フリーパス」「バニラエアひがし北海道フリーパス」も同じ発売期間、利用期間で設定されます。JR北海道は「この機会に、ぜひ北海道の広大な自然を満喫ください」としています。

 なお、2017年4月現在、Peachは関西空港から、バニラエアは成田空港から新千歳空港への路線をそれぞれ運航中です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. フリーエリアに稚内が組み込まれてるのが強烈な違和感。
    まあ、ありがたいんだが。

  2. これ、LCC使うと実質的にお得感を満喫できる便が固定化されるんだよね。ヒコーキの便次第で一日分捨てることになるし。