JALとS7航空、コードシェア路線を拡大 関西~ウラジオストク線を追加

JALとロシアのS7航空が、2017年4月28日から新たに関西~ウラジオストク間でコードシェア便を運航します。

S7航空とのコードシェアは20路線に

 JAL(日本航空)は2017年4月24日(月)、ロシアの航空会社、S7航空とのコードシェア便を4月28日(金)から関西~ウラジオストク間で運航すると発表しました。

170425 jals7 01
JALとS7航空のコードシェア路線(画像:JAL)。

 S7航空はワンワールド・アライアンスメンバーで、JALとは2013年1月から、成田~ウラジオストク線と成田~ハバロフスク線の2路線でコードシェアを開始しました。現在はモスクワからロシア各地を結ぶ17路線が加わり、計19路線でコードシェアを実施。今回の路線拡大により、コードシェア対象路線は20路線になります。

 関西~ウラジオストク線の予約、販売は4月25日(火)から開始。JALは「ロシアへのご出張・ご旅行の際にはぜひ、JALの航空ネットワークをご利用ください」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント