新1000形を36両新造 大師線地下化も継続 京急2017年度設備投資計画

京急電鉄が2017年度における設備投資計画を発表。新1000形電車は36両を新造、8両を更新します。

6駅で駅舎やホームの改修・改築を実施

 京急電鉄は2017年5月10日(水)、今年度における設備投資計画を発表しました。投資総額は約219億円です。

 車両は、昨年度に続き新1000形電車が36両新造されるとともに、既存の8両が改造・更新されます。

 駅は、井土ヶ谷、金沢文庫、金沢八景、堀ノ内、京急長沢、三浦海岸で駅舎やホームの改修・改築を実施。鮫洲と新逗子ではエスカレーターの更新、羽田空港国内線ターミナルと生麦ではエレベーターの更新、黄金町と追浜ではホーム上家の延伸がそれぞれ行われます。

170510 keikyutoshi 01
地下化工事が進む大師線(画像:京急電鉄)。

 大師線では、連続立体交差事業(第1期)の暫定整備区間として、東門前~小島新田間の地下化工事が継続されます。

 このほか、高架橋や盛土区間の耐震補強、変電設備の更新、ホームドアの整備なども行われる予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170510 keikyutoshi 02
  • Thumbnail 170510 keikyutoshi 01

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. 新1000形同士で新造と更新とは…旧1000形も昭和47〜53年の間は新造と更新を並行してましたな。

  2. 新1000系は車端部は転換クロスシート、それ以外はL/Cにした方が良いと感じる。
    そうすればラッシュ時を除きクロスシート車で運用できるから。

  3. 新1000 600 2100「とっくに考えたわ。TがNGだから。」

    • 都営や京成も柔軟に転クロ導入は検討した方が良い。
      浅草線は割と空いてるし、京成も輸送力は千葉方面の割に余裕があるから、成田や羽田を結ぶ路線を加味しても転クロは必要。
      北総のサービス向上になるのも良い。

  4. 36両ってことは800×6本廃車か2000×3、800×2廃車かな(2000全廃)
    800が減るのは確定