もう自撮りに棒はいらない? 小型、高性能へ進化を続ける「セルフィードローン」とは

大手も参入を狙うセルフィードローン市場

 これまで、セルフィードローンは新興メーカーが多くの製品を発表してきました。しかし、民生用ドローン最大手のDJI社(中国)が開発中と噂される小型ドローン「Spark」も、同様のセルフィー撮影機能を搭載していると見られています。

「Spark」の大きさは手のひらに乗る程度と予想され、写真や動画撮影を安定させるスタビライザー(ジンバル)機能の存在も確実視されています。

 長く伸ばした自撮り棒や安価なドローンでは撮影画像がブレてしまうことがあるのですが、DJI社はハイエンドドローンも数多く手がけていることもあり、「Spark」がどれくらい快適な撮影を行えるのか、注目が集まっているのです。

 このように、自撮り棒を置き換えるように次々と新製品が登場しているセルフィードローン。数年後には、集合写真といえばドローンを空中に放り上げるスタイルが主流になっているかもしれませんね。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント