主任務は「撃墜されること」 F-16原型の「ドローン」、米空軍で実用化

米空軍は有人戦闘機をドローン化し使用しており、2016年9月には、そのラインナップにF-16が加わりました。現役配備中の戦闘機をドローン化し使い捨てるという、もったいないような話ですが、もちろんそれが最適だという理由があります。

米空軍、F-16をドローン化

 自律飛行が可能な高性能「ドローン(無人機)」。近年は、ものによっては数千円から手に入るようになりました。その結果、産業用からホビーまで、気軽に使える航空システムとしてその活躍の場を急速に広げつつあります。

 ほんの少し前までは、ほとんど知られていなかった「ドローン」なる名は、いまや各種メディアにおいても頻繁に目にするようになり、完全に市民権を得るに至っています。

 もともと「ドローン」とは、もっぱら軍事の分野において使われる語でした。最近では高性能なセンサーを搭載した長時間の監視・諜報活動、さらには爆弾・ミサイルなどによる攻撃さえ可能なものも珍しくなくなっていますが、20世紀中は、特に有人航空機ではパイロットの生命に危険がおよぶような任務において、「使い捨てる」ために使用されていました。

F-16をドローン化したQF-16。見た目は通常のF-16とほとんど違わない。有人による操縦も可能(写真出典:ボーイング)。

 こうした「従来から存在するタイプのドローン」のなかには、本来、有人機であった超音速戦闘機を無人化した機種さえ存在します。2016年9月には、アメリカ空軍でQF-16が初期作戦能力を獲得、実用化に至っています。

この記事の写真一覧

  • 161112_qf16_01
  • 161112_qf16_04
  • 161112_qf16_02
  • 161112_qf16_03
1 2 3 4

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 50年来の航空ファンです。
    昨今は「ドローン」といえば小型の無人ヘリコプターを指すことが一般的な感じですが、昔(それこそ半世紀ほど前)は飛行機で引っ張るグライダーの様な標的機を指すこともありました。
    この記事を読んで、すごく変わってきたなあと想っているところです。

  2. 耐用年数の切れかけた老朽機をドローン化したのでは?
    いずれはF15の標的機も現れるかも。

  3. 日本も見習うべきだな。