1000機の「群れ」が一斉突撃? 米のマイクロドローン群実験成功で空戦は一変するか

アメリカ国防総省は2017年1月9日、マイクロドローンの群れによる飛行実験が成功したと発表しました。将来的には爆弾を搭載し、ターゲットに集団で一斉に襲い掛かるといった運用も考えられ、航空機による戦闘が一変するかもしれません。

「ファンネル」実現へ?

 アニメ『機動戦士ガンダム』シリーズに登場した、「ファンネル」という武器があります。「ファンネル」は、劇中の戦闘用ロボット「モビルスーツ」1機につき数個から数十個が搭載される、いわば攻撃型ドローンであり、パイロットの思念に反応して半自律的に飛行、敵の全方位からビームによる攻撃を仕掛けるという強力な武器でした。

 その「ファンネル」が、実現に近づいたかもしれません。アメリカ国防総省は2017年1月9日(月)、前年10月にF/A-18「スーパーホーネット」へ搭載した103機からなるマイクロドローン群「ペルディクス(Perdix)」の、投射・飛行テストを成功裏に実施したと発表しました。

Large 170121 drone 01
群れ制御の実証試験に成功したマイクロドローン「ペルディクス」。今回は103機だったが将来的には1000機規模を想定する(写真出典:アメリカ国防総省)。

「ペルディクス」は重さ290g、翼幅30cm、20分の航続時間を持ち、航空機から投下したあとはAIによって完全に自律します。前述のテストでは、さながら小鳥や虫の「群集(スウォーム)」のように、全体でひとつの固体として振る舞う「集団的意思決定」、集団を維持する「適応編隊飛行」、1度崩れた群れを回復する「自己治癒」などの、高度な「群れ飛行制御技術」を実証しました。

 このマイクロドローン群「ペルディクス」は将来、「ファンネル」を実現する上での第一歩目となるでしょう。「ファンネル」のようにビーム攻撃は難しいかもしれませんが、それぞれ数gから数百gの小型爆弾を積んで破壊目標へ一斉に突入する自爆型ドローンなら、技術的にはほぼ完成されつつあると言えます。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. 『戦闘妖精雪風』のフリップナイトか、と以前もコメントしたようなしなかったような。

  2. 鉄人28号にも肩にロボット鳥を載せたロボットが出てきました。
    あれは今思うと、最先端のオールレンジ・センサだったのですかね。

    一機一万円以下のドローン型 空中機雷による戦闘機の進路への飽和攻撃。
    前の大戦では旧ロシア兵が人海戦術という飽和攻撃をしていましたが、ようやくオートメーション化の時代が来たのですね。

  3. これでやっとアメリカの映画会社がポリコレ棒で殴られて作ったロボット兵士による戦いが現実化する訳か。
    でも日本人なら誰でも想定してると思うけど、ロボット兵士同士の戦いになっても結局狙われるのはロボット兵士を率いる人間の兵士、又は人間の兵士を率いる人間の指揮官、そしてそれらを支える人間である敵国市民。
    何故なら人間が戦うのは利害の異なり妥協も出来ない人間であって、ロボットでは無いから。
    多分人類が滅びるまでそれは変わらない。