ANA、訓練施設を新設 世界最新鋭の設備、一般見学エリアも 2020年3月完成

ANAが、世界最新鋭の設備を有する訓練施設の新設を発表しました。実際のオペレーションを想定した訓練を実施するとともに、これまで非公開だった施設の一部を公開します。

一部エリアは見学も可能

 ANA(全日空)は2017年5月17日(水)、世界最新鋭の設備を有する訓練施設「総合トレーニングセンター」(仮称)を東京都大田区に新設すると発表しました。

170522 anatoresen 01
「総合トレーニングセンター」(仮称)のイメージ(画像:ANA)。

 これは、航空運送事業の基盤である安全性を高めるとともに、羽田周辺に点在している訓練施設を集約し、効率的な訓練の実現を目的とするもの。飛行機の到着から出発までを想定し、運航に関わるすべての社員が合同で訓練できる環境が整備されます。

 また、運航乗務員(パイロット)用のシミュレータや客室乗務員用のモックアップなど、これまで非公開だった訓練施設の一部を公開。安全への取り組みや、シートなどのプロダクトを展示するエリアの設置を検討しているといいます。

 訓練エリアのおもな施設概要は以下の通りです。

・フルフライト シミュレータ
 悪天候や機体不具合事象を、実機と同様の動きでシミュレーションできる操縦訓練機器。
・モーションモックアップ
 日本初導入となる世界最新鋭の可動式機体訓練機器。飛行中の揺れなどをリアルに再現。
・リアルファイヤーファイティングトレーナー
 日本初導入の消火訓練機器。実際の火を使用した火災状況を再現できる。

 計画地は京急空港線の穴守稲荷駅から徒歩6分の場所。約3万3000平方メートルの敷地に、地上8階建て、建物面積約5万9000平方メートルの建物が建設されます。2017年7月着工、2020年3月に供用開始の予定です。

 ANAは「新施設での訓練を通じて、経営の基盤である安全の堅持に取り組み、さらなるサービス・品質の向上に努め、世界のお客様に安全で快適な空の旅を提供するエアライングループを目指します」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170522 anatoresen 02
  • Thumbnail 170522 anatoresen 01

最新記事

コメント