ピカチュウだらけのリニューアル「ポケモントレイン」、7月15日運行開始

2017年7月15日、リニューアルした「POKEMON with YOU トレイン」がJR大船渡線に再び登場します。デザインコンセプトは「親子でピカチュウと楽しむ列車」です。

一ノ関~気仙沼間を不定期運転

 JR東日本は2017年5月26日(金)、観光列車「POKEMON with YOU トレイン」のリニューアルデザインを発表しました。

 コンセプトは「親子でピカチュウと楽しむ列車」。車両の外観はピカチュウの姿をイメージしており、側面にも遊んでいるたくさんのピカチュウがあしらわれます。

170526 jrepokemon 01
「POKEMON with YOU トレイン」の外観イメージ(画像:JR東日本)。

 車内もピカチュウの色である黄と茶が基調に。遊び場がある「プレイルーム車両」には運転台や機関室をモチーフにした遊具や寝そべったピカチュウなどがあり、「運転士の気分を味わったりピカチュウになりきって親子で写真を撮ったりと、ピカチュウと一緒に楽しいひとときをお過ごしいただけます」(JR東日本)といいます。

リニューアル「ポケモントレイン気仙沼号」は7月15日運行開始

 7月15日(土)から土休日や夏休み期間などに、大船渡線の一ノ関~気仙沼間で、臨時快速「ポケモントレイン気仙沼号」として運転されます。

 列車は全車指定席。乗車には乗車券のほか、指定席券(大人520円、子供260円)が必要です。乗車日1か月前の午前10時から、JR駅の「みどりの窓口」や指定席券売機などで発売されます。

 JR東日本は車両のほかにも、「ポケモントレイン気仙沼号」の停車駅で駅名標などのリニューアルを計画。「どうぞご期待ください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170526 jrepokemon 02
  • Thumbnail 170526 jrepokemon 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 今や非電区間の車両ですら環境大義にハイブリッドだの最新型を売り込んで、片やこんな余ったリストラ対象の車両を塗り直して改装して特別料金徴収するあつかましさ!!豪華寝台で飽き足らずに庶民の市場に釣糸垂れても豪華寝台の釣り堀の魚のように食いはよくないんじゃないの?しかし地方ではまだまだ現役で走ってる国鉄車両とかを真似て首都圏周辺の非電区間ではエコ車両でイメージアップして発掘物みたいに国鉄色に塗り直したりキャラ付けて他料金取って、しょせんは余ったキハだろうに!