中部縦貫道の上志比IC~永平寺IC間、7月開通 大野ICから北陸道までつながる

中部縦貫道を構成する永平寺大野道路の上志比IC~永平寺IC間5.3kmが、2017年7月8日に開通します。

「永平寺大野道路」が全線開通

 国土交通省近畿地方整備局は2017年5月26日(金)、中部縦貫道の上志比IC~永平寺IC間5.3kmが、7月8日(土)に暫定2車線で開通すると発表しました。

 中部縦貫道は長野県松本市から岐阜県高山市、郡上市を経由して福井県福井市に至る約160km(東海北陸道との重複区間を除く)の高規格幹線道路です。現在は安房峠道路や高山清見道路、油坂峠道路などとして部分的に開通しています。全線が完成すると、長野道、東海北陸道、北陸道を東西方向に連絡します。

170526 eiheijiohno 01
上志比IC~永平寺IC間の開通により、永平寺大野道路の全線がつながる(画像:国土交通省近畿地方整備局)。

 このうちもっとも西側にあたる区間の、大野IC(福井県大野市)から北陸道に接続する福井北JCT(同・福井市)までは、永平寺大野道路として建設が進められてきました。

 今回の永平寺IC~上志比IC間が開通すると、永平寺大野道路は約26.4kmの全線が完成します。

 国土交通省近畿地方整備局によると、道路開通により永平寺(福井県永平寺町)や恐竜博物館(同・勝山市)などといった観光地へのアクセスが向上。また、企業立地の促進や災害時などの安定的な交通路の確保などが期待できるとしています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 早く、飛騨から福井まで繋がらないかな?
    飛騨から福井まで繋がれば充分だが。