JR両毛線の足利~富田間で新駅着工へ 「あしかがフラワーパーク」近く

JR東日本高崎支社が、両毛線・足利~富田間の新駅設置事業に着手します。

2018年4月開業予定

 JR東日本高崎支社は2017年5月24日(水)、両毛線・足利~富田間の新駅設置事業に着手すると発表しました。

170530 jreryomoshineki 01
新駅の設置イメージ(画像:JR東日本高崎支社)。

 2016年8月26日、JR東日本高崎支社と足利市(栃木県)は「駅を中心としたまちづくり及び鉄道利用促進に関する連携協定書」を締結。そのなかで、足利~富田間に新駅を設置することについて調査・検討が進められ、2017年4月25日に「両毛線富田・足利間新駅設置等に関する基本協定書」などが締結されました。

 新駅は足利市迫間町内の「あしかがフラワーパーク」近くに予定されています。ホームは6両対応でひとつのみです。6月にJR東日本高崎支社と足利市が施行協定を締結し、国土交通省による工事認可ののちに着工。2018年4月に開業する計画です。

【了】

この記事の写真一覧

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. あしかがフラワーパークのライトアップ期間の閉園時間は21時なのに、その時のみ使われている各駅までのシャトルバスが20時には終了してしまうし、
    今現在、あしかがフラワーパークの最寄駅である富田駅すら、徒歩19分と表記されているので、自家用車が使えない人にはいまいち不便ですよね。
    来年の4月に予定通りに開業できれば、来年の大藤まつりにはたくさんの人が使えますね。