新興EVメーカーGLMの正体 製造しない自動車メーカー? その「強み」とは

メーカーであっても製造しない、GLMはどんな会社?

 さて、このスーパーEVを送り出したGLMというメーカーですが、きっと初めて耳にしたという人も多いはず。実は、今年で創業8年目というベンチャー企業なのです。そのスタートもユニークで、京都大学のプロジェクトから誕生しています。

 2014年、その第一弾モデルとして、1997(平成9)年から1999(平成11)年にかけ販売されていたライトウェイトスポーツカー、初代「トミーカイラZZ」のコンセプトを受け継ぐ、同名のEVカーを発売。「トミーカイラ復活」と話題になったことを記憶している人もいるかもしれません。

Large 170531 glm 05 Large 170531 glm 06 Large 170531 glm 07
GLMの「トミーカイラZZ」。レーシングドライバーの白石勇樹さんが開発ドライバーとして参加している(画像:GLM)。

 そのような新しく、そして小さなメーカーであるGLMがEVメーカーになれたのは、「ファブレス企業」であることが挙げられます。つまり開発と販売に事業を集約し、製造は外部の工場に委託するもので、ITやファッションのメーカーに多い手法です。もちろん同社の新しい「トミーカイラZZ」も、国内の別会社に製造を委託しています。

 実は、米国のテスラ社も最初のモデルである「テスラ・ロードスター」は同様の手法で製品化が行われ、開発製造はロータスと手を組んでいました。このため、GLMを「和製テスラ」と呼ぶ声もあります。しかし、GLMが目指すのは、よりスペシャルなフェラーリのような存在だといいます。これまで存在しないEVのスーパーカー、それが「GLM-G4」というわけです。

この記事の画像をもっと見る(97枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. トラックを持たない運送会社と同じかな?