「風景に溶け込む」西武新型特急、基本デザイン決定 「今までの特急にはない」座席も

「今までの特急にはない」ソファーのような座席を採用

 車体前面は、国内初という大きな三次元の曲面ガラスを採用。先頭のやわらかな曲面が編成全体へと自然に連続するよう、緩いカーブのある車体断面とされます。

 外観は、「風景に溶け込む」デザインを実現するため、アルミ素材に塗装が施されます。客室の窓は等間隔で配置されます。

 室内は白い壁とし、間接照明を導入。荷棚には補助灯も付きます。座席は黄を基調とし、「今までの特急にはない身体をやさしくつつみ込むソファーのようなデザイン」(西武鉄道)とされます。

Large 170613 seibutokkyu 02 Large 170613 seibutokkyu 03 Large 170613 seibutokkyu 04
車両外観イメージ(画像:西武鉄道)。
車両外観イメージ(画像:西武鉄道)。
車内客室イメージ(画像:西武鉄道)。

 全車両に「SEIBU FREE Wi-Fi」を導入。全席には電源コンセントが配置されます。5号車にはAED(自動体外式除細動器)が設置されるほか、パウダールームや、共用・男性用とともに、西武鉄道では初の女性専用トイレも設けられます。

 西武鉄道に新型の特急用車両が登場するのは、1993(平成5)年の10000系電車「ニューレッドアロー」以来です。同社は「西武鉄道の未来を担う新たなフラッグシップトレインとして、引き続き開発に取り組んでまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(5枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

12件のコメント

  1. JR東海からワイドビューの称号をもらい受けてきたらどうだ、と言いたくなるような窓の大きさ。でなければ、183・189のグレードアップ車を彷彿とさせる。

    揺りかご風の座席が描かれているが、近鉄のそれに近い乗り心地が期待できそう?

  2. なんか、魚雷みたいですね。
    実物を見るのが楽しみ。

  3. これで小田急70000形のブルーリボン賞受賞は怪しくなったな。
    インパクトといい、これまでの西武特急の常識を覆す斬新ぶりといい、明らかに小田急より上。

    • 小田急70000形は2018年3月運行開始予定、対して西武の新形特急車は2018年度末で即ち2019年となるため、ブルーリボン賞の対象年度にはバッティングしませんよ。

    • ローレル賞狙えないかな?

  4. 楽しみです!
    気になるのは、
    地下直可能なタイプになるのでしょうか?
    八両編成ということは、横瀬で分けて秩父鉄道に直通していくことを想定しているのでしょうか?
    フロントは事故したときの衝撃にも耐えられる設計なのかしら?
    いろいろ知りたいこと満載です!続報をお待ちしております!!

  5. この座席、リクライングしないってことはないよね?

    • 揺りかご式座席だから?
      そんなことないだろう。
      最近の高速バスの座席とか見てみ?

  6. 良く言えば宇宙船のようなタイムカプセルのような・・・未来的デザインとも言えますが、日本の風景には全くマッチ出来ないかと。個人的には違和感ダケで気持ち悪くも思えてしまう。まあ沿線住民でもないので気にする必要はないのでしょうが。斬新的と言う意味ではプラス評価なのでしょうか?

    • 一刻も早く実物を見てみたい。
      画像のイラストがまだまだ抽象的だ。

  7. 西武は遂に鉄道だけでなく魚雷の開発にも手を出したのか

  8. ぬこあざらし、うぜえ