なぜAT車のギヤは多段化するのか 新型「アコード」ついに10速AT、その狙いとは?

ホンダの新型「アコード」には10速ATが搭載されるといいます。MT車では見られないギヤ数ですが、なぜこれほど多段化したのでしょうか。

クルマのAT、ついに10速が市販車へ搭載

 北米から、次の新型「アコード」(ホンダ)には10速のAT(オートマチックトランスミッション)が搭載されるというニュースが聞こえてきました。ATの多段化の流れは、近年のトレンドでしたが、とうとうふた桁まで段数が増えるとは、驚くばかりです。

170630 10at 01
10代目「アコード」は10速ATのほか、CVT、6速MTをラインナップ予定(画像:ホンダ)。

 ひと口にATとは言いますが、これにはさまざまな種類があります。ここで言う「多段化するAT」は「ステップAT」とも呼ばれるもので、内部に「遊星ギヤ」が入っており、このギヤの数が増えているのです。ステップATが普及した当初は、3速や4速が主流でしたが、ここ最近は6速ATが標準的な存在になっていました。

 ATの発明は古いのですが、普及は第二次世界大戦後。アメリカが先行し、日本では1980年代に普及が進みました。いまではごく当たり前である「AT限定免許」の導入は1991(平成3)年です。つまり、それ以前に免許を取得した人は、みんなMTで練習していたのです。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170630 10at 03
  • Thumbnail 170630 10at 01
  • Thumbnail 170630 10at 02

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

最新記事

コメント

12件のコメント

  1. 【画像】CVT(無段変速)の概念図でプーリー狭い、広い記述図の伝導ベルト位置が図面的に間違っている
    イメージ概念図とはいえ正確に描かないと信憑性に欠ける記事になる

    • ヒドイ概念図です。

      所詮 文系の人間だと言う事です。

    • CVT図、基本的にはあっていませんか?
      おかしいというのは、ベルトが変なところではみ出してる部分ですか?

      AT超多段化については、どれくらい燃費貢献するのかとか、どんな感じでシフトアップするのかとか(CVT的加速なのか)、もっと詳しい記事だといいと思いました。

    • め、さん。
      CVTの図は明らかにおかしいのです。
      ベルトが通る部分の径が左右で同じになっちゃっています。
      幅が広いか、狭いかは、CVTの仕組みの本質ではないです。
      幅が変わるのは、径を変化させた時の副次的な結果です。

    • ぎ、さん
      なるほど、正面図のベルトはみ出しは、プーリー間のベルトの傾きで
      径がわかるので絵が下手でもすむけど、側面図は全くいいわけききませんね

    • これひでーわ。やっぱり「自動車評論家」じゃなくて「自動車の記事書く人」だ。信憑性に欠ける記事になる...わな。

  2. 10速になったことでどの位燃費が良くなるのかすら書かれていない。調査不足を通り越して掲載自体を考えなければいけない幼稚な文章。せめて数字のファクトを示してほしい

  3. もはや税制も人間が操るマニュアルよりCVTが燃費基準達成車で優遇したりだからね、今でも日産のエクストロイドが熟成されて車だけでなくバイクにも応用されていたら?と思うけどね、結局はATは液体式だか?この記事にあるステップに戻っていくんじゃないかね?何せ今のCVTで燃費がいいなんて?そろそろユーザーを欺くのも限界でしょ、これがMTの比率が半分くらいの時世に出てたら評価されてないでしょ、

  4. いずれにせよ、電気自動車が主役になれば消えて無くなる技術でしょう
    発電用に搭載されることはあるでしょうが、その場合は多段変速は要りませんからね
    オイシイ回転域だけ使えれば良いので、固定比か2段くらいでは

  5. これは新しいCVTですね。
    プーリをスライドさせて径を変えるのではなく、プーリの円錐斜面の傾きを変えてしまうとは。
    どうやって実現してるんだろう。

  6. この記事を書いた人は、北米市場ではアコードだけでなく、シビックやCR-VにもCVTが多用されていることを知らないようですね。
    自動車評論家を名乗るくせに、現地のアメリカンホンダのホームページ位も確認しないのでしょうか?
    レベル低いなあ。

  7. ホンダのステップATって遊星歯車でしたっけ? 伝達効率と特許逃れの為に平行軸歯車でやってませんでしたっけ? ...と思ってwiki見たら、10段ATは遊星歯車式だそうで。
    (平行軸歯車式AT:普通のMTと同様の歯車列で、シンクロの代わりに湿式多板クラッチ入れたのを使ってる。)

    にしても、自動車の記事書く人が「AT=遊星歯車」って書くから、誤解した人が主流になる。昔ながらのステップATだけがAT(AutomaticTransmission:自動変速機)じゃないよ。
    トルコン+遊星歯車でも手動変速(セミAT)ってのも昔あったし、逆にCVTもDCTもAGSも自動で変速してくれるのだから立派にAT。要はどこまでクルマ側が変速制御できるかで切り分けるべき。