エアバス社、中国航空器材集団公司から航空機140機受注へ

2017年7月5日(現地時間)、エアバス社は、中国航空器材集団公司がエアバス機を合計140機発注する一般条件合意書を締結したと発表しました。

A320ファミリーとA350 XWBを受注

 エアバス社(フランス)は現地時間2017年7月5日(水)、中国航空器材集団公司(China Aviation Supplies Holding Company)がエアバス機を合計140機発注する一般条件合意書を締結したと発表しました。発注の内訳はA320ファミリーが100機、A350 XWBが40機です。

 エアバスの最新航空機市場予測「グローバル・マーケット・フォーカスト 2017年~2036年」によると、航空輸送量は年間4.4%ずつ成長。今後20年間で、100席以上を有する航空機は2倍以上の4万機を超えると予想されています。中国をはじめとする新興市場が成長を牽引(けんいん)しているといいます。

170706 airbuschina 01
エアバス社のA320neo(画像:エアバス)。

 A320ファミリーはこれまでに1万3000機以上の発注があり、約400社に7600機以上が引き渡されている単通路型機です。中国では、2017年5月末時点で合計約1230機が運航されています。

 A350 XWBは、エアバス社によると、最新の空力設計で炭素繊維複合材製の胴体と主翼を備え、効率性の高いロールス・ロイス社製エンジンを搭載。燃費と排気を25%削減し、整備コストを大幅に抑えた機材としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170706 airbuschina 02
  • Thumbnail 170706 airbuschina 01

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. エアバス社は過去の教訓に学ぶことがないらしい。中国に無断粗悪コピーされた上、自主開発機としてエアバス社自身の領域を食い荒らされるに決まっている。しかも炭素繊維なんか中国の手に渡してはいけないものなのに。

    • それを言っちゃおしまいよ!河豚に河豚の毒は効かないし、悪を使って悪を成敗してもいかんし?