四万十自動車学校の「落ちてはいけない路上教習」、実施しなくなった理由とは?

2015年2月、四万十自動車学校の教習車を写した1枚の写真が大いに話題になりました。全国的にも有名なあの欄干のない橋の上で、クルマどうしのすれ違いをしていたからです。実際どのような様子だったのでしょうか。

「怖すぎる路上教習」と話題になった1枚

 自動車運転免許の教習で、ひとつのハードルになるのが路上教習でしょう。そのコースは教習所によってさまざまですが、歩行者の多い都市部の商店街などは、まだ仮免のドライバーにとって恐怖でしかないかもしれません。

170705 chinka 01
2015年2月、Twitterへ投稿され大いに話題になった1枚(マーコス@ゆるぽたマン さん〈@marcos_27643〉撮影)。

 歩行者がいなければ易しいかというと、そうとも限らないようです。四万十自動車学校(高知県四万十市)の路上教習は、全国的にも有名な沈下橋(ちんかばし)を通る同校の教習車の姿が目撃され、2015年2月にはTwitterユーザーが投稿した写真が話題になったこともあり、国内屈指の難易度だろうということで広く知られるようになりました。

 沈下橋、あるいは潜水橋などと呼ばれるものは、河川にかかる橋の一種で、川の増水時には水面下に沈んでしまいます。そのため欄干がないか、あっても低かったり、増水時には取り外されたりします。上述の話題になった写真の沈下橋は欄干がないタイプのもので、加えて橋の幅も決して広くはなく、クルマどうしのすれ違いはギリギリのように見えます。

 実際の教習の様子はどのようなものなのでしょうか。四万十自動車学校に話を聞いたところ、「現在、沈下橋での路上教習は実施していない」といいます。

「地域の実情に応じた路上教習コースの過程の一部として、生徒さんの希望により沈下橋を通過することもありましたが、その希望がなくなったということです」

 沈下橋での教習希望がなくなった一方で、中村宿毛道路(なかむらすくもどうろ)が整備されるなど四万十市周辺の道路事情が良くなったことから、高速道路(自動車専用道路)での教習希望が多くなったそうです。

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170705 chinka 03
  • Thumbnail 170705 chinka 01
  • Thumbnail 170705 chinka 02

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 教習か。。。
    試験だったらマジ怖いかも。

  2. 都心部をMTで教習を受けた人なら経験が有ると思うのですが、夕方等のラッシュ時間帯に教習を設定すると、ひたすら坂道発進の繰り返しになります。
    さらに路線バスにすら車間距離を詰められるので、ミスする事は許されません。
    他にも高速教習でIC入場して400m先で右側退出のJCTを利用したり、右側合流を行いましたし、
    側道進入から300m先の信号までに3車線のバイパスを越えて右折レーンを目指すのも有りました。

    鍛えるのなら都心部の細い路地が多い地域の教習所が最適かと思います。

    • すみません。地図アプリで調べたらバイパスを越える所の交差点は70mでした。
      ちなみに、私が教習を受けた所は横浜です。

  3. 一通だけど相模川にもこんなんあったよ水嵩増すと消えるから潜り橋とか言われててね、よく車やバイクが落ちてたよ、ただスレ違いじゃなくて真下を流れる川の流れで錯覚起こして落ちるパターン!これ本当、何故なら俺らが落ちたから、神奈川に字は分からんがザカイ橋と言う今は立派な橋も掛け代え前はスレ違いはできない橋で途中に待避所、こいつが渋滞の原因で末期は信号が付いたらしいね、

    • 座架依橋ですね。
      三田の方へ抜けられるようになったのに渋滞の激しさは相変わらずです。
      潜り橋は小田急の鉄橋からも見えました。
      子供心に“なんじゃあれは!?”と思ったものです。

    • 知ってる人がいてよかったよ!しかし何で立派な橋が二つ並んでるかね?それに潜り橋の代替えは暫し半分かかったとこで工事中止してた記憶があるんだよな?仕事で相模川渡るに他が混むからよく通ってた、