東海道新幹線の車内販売アイスコーヒー、8月にリニューアル

東海道新幹線の車内で販売されているオリジナルアイスコーヒー「AROMA EXPRESS CAFE」が、2017年8月1日からリニューアルします。

「しっかりとした苦味とコクに、すっきりとした後味」

 ジェイアール東海パッセンジャーズは2017年7月27日(木)、オリジナルアイスコーヒー「AROMA EXPRESS CAFE」を8月1日(火)からリニューアルすると発表しました。

「AROMA EXPRESS CAFE」シリーズのホットコーヒーに合わせ、レインフォレスト・アライアンス認証農園産100%、アラビカ種100%のアイスコーヒーにリニューアルされます。

170728 jrcpcoffee 01
リニューアルしたアイスコーヒーのイメージ(画像:ジェイアール東海パッセンジャーズ)。

 コロンビア産、ペル―産、ブラジル産の豆を、それぞれの産地のおいしさを生かすため単品焙煎、アフターミックス製法で製造。「しっかりとした苦味とコクに、すっきりとした後味が特徴」(ジェイアール東海パッセンジャーズ)といいます。

 新しいアイスコーヒーは東海道新幹線「のぞみ」「ひかり」の車内販売で取り扱われます。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. かつては「美味い」と思っていたんだけど、コンビニ(特にセブン、ローソン)がコーヒーやりだしてから、あまりありがたみを感じなくなってしまったんだよな・・・。