飯山線全通88周年で「国鉄急行色」ツアー専用列車運転 JR東日本

2017年9月、飯山線全通88周年を記念し、国鉄急行色のキハ40系ディーゼルカーを使用した旅行商品専用列車「国鉄急行色DC野沢」が運行されます。

長岡~長野間を飯山線経由で1往復

 JR東日本長野支社と新潟支社は2017年8月24日(木)、飯山線の全線開通88周年を記念し、旅行商品専用の臨時列車「国鉄急行色DC野沢」を運行すると発表しました。

 1929(昭和4)年9月1日に越後田沢~十日町間が開業し、現在の飯山線の区間が全通。今年で88周年を迎えます。これを記念し、クリーム色と朱色の国鉄急行色をまとったキハ40系ディーゼルカーによる臨時列車「国鉄急行色DC野沢」が、長岡~長野間を飯山線経由で走ります。詳細は次のとおりです。

●運転日と運転区間
・9月9日(土)
 長岡14時15分発→長野18時07分着
・9月10日(日)
 長野9時15分発→長岡12時54分着
●車両
 キハ47形・48形ディーゼルカー2両編成

170824 jreiiyama88dcnozawa 01
キハ47形・48形ディーゼルカー(国鉄急行色)のイメージ(画像:JR東日本長野支社)。

 この列車に乗車できる旅行商品「懐かしの飯山線 キハ40系国鉄急行色」の概要は次のとおりです。

●9日長岡発
・代金
 大人6200円、子供4700円
・内容
「国鉄急行色DC野沢」長岡→長野間の片道乗車、記念グッズ
●10日長野発(森のごちそう弁当付きコース)
・代金
 大人7900円、子供6400円
・内容
「国鉄急行色DC野沢」長野→長岡間の片道乗車、「森のごちそう弁当」、記念プレート
●10日長野発(十日町そばチケット付きコース)
・代金
 大人6600円、子供5500円
・内容
「国鉄急行色DC野沢」長野→十日町間の片道乗車、「十日町そばチケット」、記念プレート

 10日長野発は、片道に加え往復(長野駅発着)のものや、飯山駅や松本駅、上諏訪駅、上田駅、佐久平駅からの設定もあります。旅行商品は8月25日(金)14時から長野県内の「びゅうプラザ」などで発売される予定です。

 JR東日本新潟支社は「かつて飯山線を運転していた『急行野沢』を彷彿させる車両と共に、飯山線の88周年の歴史に思いを馳せる旅にでかけませんか」としています。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 写真が違いますね。おそらく。

  2. いすみ鉄道からキハ28(とキハ52)を借りる事とか出来なかったのかなぁ・・・。

    まぁ、貸してくれるにしても保安装置の絡みとか、色々と問題があるのでしょうが。

    • 保安装置以前に輸送段階で無理な気がする。