航空会社の「アライアンス」とは? 誕生の経緯とその目指すところ

航空業界にはアライアンスという航空会社同士のグループがあり、日本のANAやJALもそれぞれのグループに加盟しています。加盟する航空会社はグループ内で業務提携やマイルサービスの連携などをしていますが、そもそもどのような経緯で生まれ、なにを目指すのでしょうか。

そもそもアライアンスとは?

 航空会社専用ラウンジの利用や優先搭乗など、その恩恵に与れるマイレージサービス。マイレージサービスは加盟するアライアンスが同じ航空会社であれば、同様のサービスを受けることができるため、アライアンスを基準に利用する会社を選ぶ人も多いと思います。

 そもそも、アライアンスとは何でしょうか。

170829 alliance 01
スターアライアンス塗装のシンガポール航空機(石津祐介撮影)。

 アライアンスとは、航空会社間の連合組織で、別名「航空連合」とも呼ばれています。1990年頃から、コードシェア便やマイレージサービスの共有化など航空会社同士の業務提携が行われてきましたが、航空業界での規制緩和や競争の激化により世界的な規模でグループ化が進み、現在では大きな枠組みとして3つのアライアンスが結成されています。

 最も歴史が古いのが、1997(平成9)年5月に結成されたスターアライアンスで、ルフトハンザ航空(ドイツ)、ユナイテッド航空(アメリカ)、エア・カナダ(カナダ)、スカンジナビア航空(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク)、タイ国際航空(タイ)の5社によって設立されました。現在は28の航空会社が加盟しており、世界約190か国で、約1300か所の空港、4657機の航空機を運用し、1日あたり約2万1000便を飛ばす世界最大のアライアンスです。

170829 alliance 02 170829 alliance 03 170829 alliance 04
スターアライアンス塗装のユナイテッド航空機(石津祐介撮影)。
ワンワールド塗装のフィンランド航空機(石津祐介撮影)。
ワンワールド塗装のキャセイパシフィック航空機(石津祐介撮影)。

 次いで、1999(平成11)年2月にアメリカン航空(アメリカ)、ブリティッシュ・エアウェイズ(イギリス)、キャセイパシフィック航空(中国)、カンタス航空(オーストラリア)、カナディアン航空(カナダ)の5社によってワンワールドが設立されます。現在、15の航空会社が加盟し、世界約150か国で、992か所の空港、3324機の航空機が運用されています。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170829 alliance 10
  • Thumbnail 170829 alliance 01
  • Thumbnail 170829 alliance 02
  • Thumbnail 170829 alliance 03
  • Thumbnail 170829 alliance 04
  • Thumbnail 170829 alliance 05
  • Thumbnail 170829 alliance 06
  • Thumbnail 170829 alliance 07
  • Thumbnail 170829 alliance 08
  • Thumbnail 170829 alliance 09

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. この記事は主題に対する肝心な答えがありません。もっとしっかりした書き方をしてください。

    • 同意。何が言いたいのか分からない。