旧軽井沢駅舎、「懐かしくて新しい」軽井沢駅として10月に復活 しなの鉄道

2017年10月27日、しなの鉄道の開業10周年記念プロジェクトとして、旧軽井沢駅舎記念館が軽井沢駅として復活します。

「ろくもん」乗客用ラウンジも新設

 しなの鉄道は2017年8月30日(水)、旧軽井沢駅舎記念館を駅として復活させると発表しました。

 同社の開業20周年を記念し、軽井沢駅構内の施設をリニューアルするプロジェクトの第1弾として実施されるもの。トータルデザインは、同社の観光列車「ろくもん」などをデザインした水戸岡鋭治さんが担当します。2017年3月末に閉館した旧軽井沢駅舎記念館を軽井沢町から借り受け、外観や内装の雰囲気を残したまま、水戸岡さんの手がけた家具が配置されます。

170831 shinatetsukaruizawaekihukkatsu 01
リニューアルされる軽井沢駅のイメージ(画像:しなの鉄道)。

 2階に設けられる「ろくもんラウンジ」は、「ろくもん」運行日の出発前および到着後の乗客が利用できる空間。当時の部材をそのまま活かした駅舎記念館の貴賓室が使用され、食事付きプラン・信州プレミアムワインプランの乗客に、飲み物などが提供されます。

 北口改札と1番線・2番線ホームのあいだには、家族連れが利用できる「キッズクラブ(仮称)」を新設。一度に10組20人が利用可能なスペースで、大きなガラス張りの室内から電車を見ることができます。有効な乗車券または軽井沢駅入場券(大人190円、子供100円)に加え、入館料金300円(大人・子供共通)が別途必要です。

 オープニングセレモニーは10月27日(金)10時から。また、27日(金)から29日(日)に「ろくもん」の食事付きプランまたは信州プレミアムワインプランを利用すると記念品が贈呈されます。

 なお、2018年3月23日(金)には、プロジェクトの第2弾として「デッキ広場ゾーン」と「3階改札口ゾーン」がオープンする予定です。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170831 shinatetsukaruizawaekihukkatsu 02
  • Thumbnail 170831 shinatetsukaruizawaekihukkatsu 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. mata mitooka-san ka
    anti ga wakisoudana :-p