ANAがA321neo受領、最新鋭機の全貌とは 充実の室内設備に見る「フルサービス」の意味(写真25枚)

ANAが導入したエアバスA321neoが9月8日、羽田空港に到着しました。9月中旬から国内線で運用されるというこの最新鋭機、どのような飛行機なのでしょうか

最新鋭旅客機A321neo、羽田に到着

 ANA(全日空)が新たに導入するエアバスの最新鋭旅客機A321neoがドイツのハンブルグを出発し、2017年9月8日(金)、羽田空港に到着しました。

170909 a321neo 01
ドイツ、ハンブルグよりロシアのノヴォシビルスクを経由して羽田に到着したANAのA321neo(2017年9月8日、石津祐介撮影)。

 A321neoを日本の航空会社が受領するのは、これが初めて。同機は新型のエンジンを搭載しており、ANAの国内線では初となる全席タッチパネル式シートモニターを備えています。

170909 a321neo 02 170909 a321neo 03 170909 a321neo 04
クルーと写真に収まるA321neo(2017年9月8日、石津祐介撮影)。
A321neoのコックピット(2017年9月8日、石津祐介撮影)。
A320のストレッチ型となるA321シリーズ(2017年9月8日、石津祐介撮影)。

「neo」とはnew engine optionの略で、A321neoにはIHIや三菱重工業、川崎重工業が開発に参画しているプラット&ホイットニー社の新型エンジンPW1130G-JMが搭載されています。すでに昨年からANAが導入しているA321ceoに比べて燃費が約15%向上しており、また騒音の改善もなされています。

170909 a321neo 05 170909 a321neo 06 170909 a321neo 07
ANAが2016年10月に導入したA321ceo(石津祐介撮影)。
A321neoに搭載された新型エンジンPW1130G-JM(2017年9月8日、石津祐介撮影)。
同じ機構のエンジンPW1200Gを搭載したMRJ(石津祐介撮影)。

 PW1130G-JMは、エンジンのシャフトにギアを取り付け、ギアを介してファンの回転を制御する機構(ギアード・ターボファン・エンジン)の新型エンジンで、MRJにも同じシリーズのエンジンPW1200Gが採用されています。

この記事の画像をもっと見る(25枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170909 a321neo 14
  • Thumbnail 170909 a321neo 15
  • Thumbnail 170909 a321neo 16
  • Thumbnail 170909 a321neo 17
  • Thumbnail 170909 a321neo 18
  • Thumbnail 170909 a321neo 19
  • Thumbnail 170909 a321neo 20
  • Thumbnail 170909 a321neo 21
  • Thumbnail 170909 a321neo 22
  • Thumbnail 170909 a321neo 23
  • Thumbnail 170909 a321neo 24
  • Thumbnail 170909 a321neo 25
  • Thumbnail 170909 a321neo 01
  • Thumbnail 170909 a321neo 02
  • Thumbnail 170909 a321neo 03
  • Thumbnail 170909 a321neo 04
  • Thumbnail 170909 a321neo 05
  • Thumbnail 170909 a321neo 06
  • Thumbnail 170909 a321neo 07
  • Thumbnail 170909 a321neo 08
  • Thumbnail 170909 a321neo 09
  • Thumbnail 170909 a321neo 10
  • Thumbnail 170909 a321neo 11
  • Thumbnail 170909 a321neo 12
  • Thumbnail 170909 a321neo 13

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 送信停止してください。

  2. 何だよこのページ。下手に触るとすぐ広告だ!
    最低だ!!

  3. この飛行機の機能、絶対使いこなせない。