「デゴイチあげます!」 引き取り手なければ解体も 全国の展示SL、維持はどれほど大変?

大分県由布市が、市内の公園に保存・展示しているSL「デゴイチ」の引き取り手を募集します。しかも無償でもらってほしいといいますが、なぜでしょうか。こうした事例は全国的に相次いでいるようです。

抜本的な修繕にはウン千万円!

 大分県由布市が、市所有のD51形蒸気機関車、いわゆる「デゴイチ」の引き取り手を募集します。

170914 slgive 01
由布市が引き取り手を募集しているD51形1032号機(画像:pixta)。

 車両は1944(昭和19)年製造のD51形1032号機で、現在は市内の湯布院中央児童公園で屋外展示されています。市はこれを無償で譲渡するといい、2017年9月19日(火)から市のウェブサイトなどで募集要綱などを公開するそうです。由布市建設課に話を聞きました。

——なぜ譲渡するのでしょうか?

 劣化が激しく、安全面で課題があるためです。以前は子どもがSLの近くで遊べるようにしていましたが、現在は危険なことから立ち入り禁止にしています。解体も視野に対策を住民の方々と相談したところ「歴史的価値がある」「なくすのはもったいない」ということになり、譲渡先を探すこととしました。

——維持するのは難しいのですか?

 子どもが遊べるようなレベルするには、何千万単位の費用がかかります。近年はボランティアの方々に清掃していただいてもいますが、抜本的な修繕は財政上難しいと考えています。もしも譲渡先が決まらなかった場合は、やはり解体も含め検討しなければなりません。

——そもそもどのような目的で展示されていたのでしょうか?

 もともと1970年代に旧湯布院町営の「SLホテル」(編集部注:連結した寝台車を利用した宿泊施設)に活用され、その後、現在の中央児童公園に移設されました。駅から続く湯の坪街道沿いの地に移設されたことからも、観光資源のひとつという位置づけがあったと思います。ただ、このSLは当市を通る久大本線にゆかりのあるものではありません。

※ ※ ※

 由布市の担当者は「譲渡費用はいただきませんが、基本的には現状渡しで、移送費も取得者に負担いただきます。歴史的価値を活用いただけるところにもらっていただければ」と話します。

 このようにSLを展示している公園や公共施設は全国に多数ありますが、近年は由布市と同様に、譲渡あるいは解体する例が相次いでいるようです。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170914 slgive 02
  • Thumbnail 170914 slgive 01

関連記事

最新記事

コメント

6件のコメント

  1. 本当に保存するのなら、維持、管理をどうするのかをきちんと決めてから行うべきだが、なんか日本では安易に人寄せのために物を買ったり置いたり作ったりするだけで、維持管理まで意識が回ってない事がほとんど。せめて、解体して使える部品を他の動態機関車に転用、は、できないか。さすがに。

  2. コイツは難題だな・・・。
    あるとすればJR東日本くらいではないか。

    • JR西日本ももうすぐD51の本線復帰があるはず・・・だが・・・そうか。捻出できる予算の関係もあったか。そっちを忘れてた。

    • いやね、全諸事情を全くの度外視に出来るならば大井川鐵道にやって欲しいとさえ思っているんだけどね。
      叶わぬ話であることは十二分に分かっている、つもりだ・・・。
      そもそも重量オーバーなんだろうな。

  3. 全国的に観光で繁盛している湯布院らしからぬところですね。有名になりすぎて観光客が減ったの?子供のためにはお金を使いなさい。せっせとため込んで何に使う?老人?もうすぐ死ぬ人に使うより、これから頑張る子供たちに生きた銭を使うのがいいのではと思います。私も老人ですのでいりません。

  4. 夏の由布院旅行でこのカマには挨拶してきたんですが、あまりにの荒廃ぶりに悲しくなりました。次の日におとづれた豊後森のピカピカに整備された96と比べあまりに可哀想でした。豊後森の96も引き取って整備したものなので、このD51も豊後森で引き取って整備したらと。貨物の名機が豊後森に並ぶってきっと絵になる気がします。