スバル「アルシオーネSVX」 360度ガラス張りの理由と、いまへつながる遺産とは?(画像13枚)

発売はバブル崩壊のさなか

 デザインやメカニズムなど全面的なチャレンジにより生まれたのが、新世代スバルのフラッグシップクーペ、「アルシオーネSVX」でした。90年代の高級車らしく電動式4WS、ABS、クルーズコントロールなどのハイテク機能を上級グレードでは標準化。エクステリアには、エクセーヌもしくはレザーのシートを備え、フルオートエアコン、専用開発の高性能オーディオシステム、キーレスエントリーなど充実装備を誇りました。

Large 170911 alc 06 Large 170911 alc 07 Large 170911 alc 08
「アルシオーネSVX」のインテリア。上級グレードのバージョンLはレザー内装が奢られた(大音安弘撮影)。
「アルシオーネSVX」のインテリア。上級グレードのバージョンLはレザー内装が奢られた(大音安弘撮影)。
「アルシオーネSVX」のインテリア(画像:スバル)。

 しかしながら、スバルの意欲作、「アルシオーネSVX」の販売は、成功とは程遠いものでした。バブル崩壊による高級車市場の低迷に加え、333.3万円~399.5万円と、スバル車としてはずば抜けて高価だったことも災いしました。またライバルとなる国産クーペはスポーツカーとしてスペックを強調したものが多く、数字よりもGTの本質を追求した「SVX」は、実に通好みのクルマだったといえます。そのため、6年間の総生産台数は、2万4379台と極めて少ない上、国内販売も初年度の1723台をピークに年々減少。わずか5942台にとどまり、その多くは海外で販売されました。加えて、メインマーケットとなる北米の景気動向が思わしくなったことも、この数字に反映されてしまったようです。

 結果として、2世代にわたって不遇の運命を背負ってしまった「アルシオーネ」ですが、手に入れて「SVX」の虜になってしまった熱心なファンも多いと聞きます。そして、当時のスバルの開発者たちが挑んだ「500マイルを快適に移動できるツーリングカー」という思想や、FRライクな操る歓びがあるVTD-AWDシステムの実用化といった技術へのスタンスは、安全かつ走りの良さで人気を集める現代のスバル車へとしっかり受け継がれ、今日のスバル人気へと繋がっているといえるでしょう。

【了】

テーマ特集「【自動車】シルビア、プレリュード、セラ… 今も色褪せない旧車の魅力とは」へ

スバル アルシオーネSVXの中古車情報

U00025998481 001l

排気量
3300cc
価格帯
25.0万円~675.0万円

中古車情報を見る

スバル BRZの中古車情報

U00026000063 001l

排気量
1990cc~2000cc
価格帯
95.5万円~378.0万円

中古車情報を見る

スバル R2の中古車情報

U00026000801 001l

排気量
350cc~660cc
価格帯
1000円~100.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(13枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170911 alc 09
  • Thumbnail 170911 alc 10
  • Thumbnail 170911 alc 11
  • Thumbnail 170911 alc 12
  • Thumbnail 170911 alc 13
  • Thumbnail 170911 alc 01
  • Thumbnail 170911 alc 02
  • Thumbnail 170911 alc 03
  • Thumbnail 170911 alc 04
  • Thumbnail 170911 alc 05
  • Thumbnail 170911 alc 06
  • Thumbnail 170911 alc 07
  • Thumbnail 170911 alc 08

Writer: 大音安弘(自動車ライター)

1980年生まれ。埼玉県出身。クルマ好きが高じて、エンジニアから自動車雑誌編集者へ。その後、フリーランスになり、現在は自動車雑誌やウェブを中心に活動中。主な活動媒体に『ナビカーズ』『オートカーデジタル』『オープナーズ』『日経トレンディネット』など。歴代の愛車は全てMT車という大のMT好き。

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. "セレクタリーカー" → "セクレタリーカー" の間違いでは?

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。

  2. 過去においても、
    現在においても、
    未来においても、
    国産車で一番SEXYな車。
    異論は認めない。

    このぐらい言わせてもらってもバチは当たらないだろう?

    • 日本語ではカワセミ。ギリシャ神話にも出てくる名前です。そういう由来を知ると、全く同感。

  3. 初代いすゞピアッツァも最初見た時は退いてしまったが、あのデザインも今に溶け込んでるし、スバル車は更に水平対抗6気筒の四駆でやってきましたからね、願わくばこのシステムのFFも乗ってみたかったです。