京成オリジナル「ランチパック」発売 成田産さつまいもを使用

「ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ」が発売。販売店舗は、京成グループのスーパーマーケットなどです。

「スカイライナー」がプリント

 京成電鉄は2017年9月26日(火)、山崎製パンとJA成田市、JA全農ちばと共同で「ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ」を開発したと発表しました。

170927 lunch 01
「ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ」のパッケージイメージ(画像:京成電鉄)。

 京成グループが中期経営計画「E3プラン」で掲げる、沿線企業との連携強化の一環。9月28日(木)から、京成グループのスーパーマーケット「リブレ京成」や、千葉県を中心とするファミリーマート、デイリーヤマザキなどで順次発売します。価格はオープン価格です。

「ランチパック 成田市産スイートポテト入りクリーム&ホイップ」は、山崎製パンの「ランチパック」に、成田市で収穫されたさつまいも「クイックスイート(甘芋ん)」を使って作られています。

 パッケージは、京成電鉄が運行する、世代の異なった「スカイライナー」(3種類)と、京成カードのキャラクター「京成パンダ」を載せています。詳細は、次のとおりです。

 京成電鉄は「今後も沿線エリアの魅力向上を図るため、沿線の皆さまとの連携を強化し、良質な商品の提供に努めてまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170927 lunch 02
  • Thumbnail 170927 lunch 01

関連記事

最新記事

コメント