パスポートのスタンプはなくなるのか? 羽田空港で入国手続きに「顔認証」導入へ

羽田空港の帰国審査場に、日本で初めてとなる「顔認証ゲート」が導入されます。旅客自身が操作するもので、パスポートへのスタンプ捺印は省略されるというもの。入国審査は今後、どのように変わっていくのでしょうか。

事前手続き不要 セルフで入国審査

 法務省入国管理局が2017年10月18日(水)から、羽田空港の帰国(上陸)審査場に「顔認証ゲート」3台を先行導入します。

171012 kaoninsho 01
羽田空港の帰国審査場に先行導入される顔認証ゲートの概要(画像:法務省)。

 このゲートの利用対象は日本人の帰国手続きです。旅客が自身で、ゲートの旅券(パスポート)リーダーに向けてIC旅券の顔写真ページを開いて置き、情報を読み取らせます。その後、ゲートの内蔵カメラで顔写真を撮影。顔認証の処理が完了し、問題がなければゲートを通過することができます。

 通常の入国手続きでは、入国審査官が旅券の顔写真と本人の顔を確認し、OKであれば旅券にスタンプを押しますが、顔認証ゲートでは証印(スタンプ)が省略されます。証印を希望する人は、最寄りの職員に問い合わせれば捺印に応じてくれるとのことです。なお顔認証ゲートの利用には、IC旅券を持っていること、ひとりで機器の操作ができること、身長135cm以上であることが条件になります。

 システム導入の背景を、東京入国管理局羽田空港支局審査管理部門に聞きました。

――なぜ顔認証ゲートを導入するのでしょうか?

 訪日外国人旅行者のさらなる増加に向け、日本人の入国審査を合理化し、手続きを円滑にするためです。政府は訪日外国人旅行者数を2020年までに4000万人と、いまの倍に増やしていく方針です。このため、機械化できるところは機械化し、より多くの入国審査官を外国人の審査に充てる狙いがあります。

――このような自動ゲートはどれほど導入されていて、どれほどの時短効果があるのでしょうか?

 これまでも日本の空港には、指紋認証によってお客様自身で出入国手続きを行っていただく「自動化ゲート」が導入されていますが、事前の利用登録が必要なこともあり、利用率がそれほど伸びていないのが実情です。今回の顔認証ゲートは事前登録が不要で、日本の入国審査においては初めて導入されます。海外では、ヨーロッパなどで顔認証ゲートが導入されている空港があります。時短効果については、実運用をふまえて検証していきます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171012 kaoninsho 03
  • Thumbnail 171012 kaoninsho 01
  • Thumbnail 171012 kaoninsho 02

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. キャプションが「撮影時に防止やマスク」になっています

    • ご指摘ありがとうございます。 訂正いたしました。

  2. これまでの自動化ゲートだと、利用前の申請時、最終ページに自動化ゲートを利用するとの英語表記併用の判が押されます。万一他国での入国時に、出国スタンプがないことについて説明を求められた際に、その判を見せるようにと指導されました。

    今回の顔認証システムだと、その判がないため、もし問われた際は自力で説明する必要がありそうですね。

    香港の外国人向け自動ゲート(e道)だと外側にバーコードが貼られたりと、こちらも「スタンプが押されないですよ」というアピールがあるんですが、今回のような無登録性だとそれはないんですねぇ…。