早朝5時までの「車両連結及び線路内施設見学会」開催 神戸市交通局

神戸市交通局が、2017年12月3日の午前0時から早朝にかけて「車両連結及び線路内施設見学会」を開催します。

非公開の線路内施設を見学

 神戸市交通局が2017年12月に、市営交通100周年記念事業の一環として実施する「車両連結及び線路内施設見学会」の参加者を募集しています。

 開催日時は12月3日(日)の午前0時から午前5時まで。緊急時しか行われない車両同士の連結や、通常は非公開である線路内の各施設を、車両や線路内を歩きながら見学できます。

Large 171024 kobekengaku 01
西神・山手線を走る1000形電車のイメージ(画像:神戸市交通局)。

 当日は午前0時に西神・山手線の名谷駅(神戸市須磨区)に集合。午前1時に見学列車が出発し、板宿駅で連結の様子を見学します。その後、救援列車に乗って県庁前駅に移動し、三宮駅まで軌道内を見学。休憩を挟み、午前4時から三宮駅のバックヤードの見学あるいは交通局100周年関連映像上映会を実施した後、午前5時に解散の予定です。

 募集定員は50人(応募状況により変更あり)。満18歳以上で、独歩可能であることが条件です。神戸市交通局のウェブサイトから専用申込用紙をダウンロードし、必要事項を記入して郵送で申し込みます。募集期間は11月22日(水)までです(当日消印有効)。

 神戸市交通局は「100周年だからこその企画です。ぜひ、この機会にお申し込みください」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171024 kobekengaku 02
  • Thumbnail 171024 kobekengaku 01

関連記事

最新記事

コメント