東京モーターショー マツダブース コンセプトカーなどに見えた数年後のリアルとは?

市販化も視野か? 「VISION COUPE」

 もうひとつのデザインコンセプトは、「VISION COUPE(ビジョン・クーペ)」と名付けられた4ドアクーペでした。このコンセプトカーで注目すべきは、そのエレガントなスタイル以上に、4ドアクーペとなっていることです。これは現在のマツダ車にはないEセグメント以上の車格と思われ、かつてのフラグシップサルーンであった「センティア」が想起されます。

Large 171028 mazda 05
無駄のないデザインを目指したという「VISION COUPE」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

 マツダはかねてから後輪駆動車で「アテンザ」以上のクラスを構築するのではないか、とウワサされており、その期待をパズルの1ピースとして埋め込む上で、「VISION COUPE」のスタイリングにはとても説得力があります。「RX-7」での経験や「ロードスター」の継続実績を考えても、マツダがFR(フロントエンジン・リアドライブ)車を新たに誕生させることは、非現実的な話ではないと思います。

Large 171028 mazda 06 Large 171028 mazda 07 Large 171028 mazda 07
世界初公開、「VISION COUPE」(2017年10月25日、石津祐介撮影)。

 またデザインを統括する前田育男氏(常務執行役員)がこの「VISION COUPE」に「塊から削りだしたような、無駄のないデザイン」を目指し「余計な装飾を用いないことで、飽きのこないものとした」とコメントしていることからも、これが単なるスタディではなく、市販化を強く視野に入れたものではないかと予想でき、大きな期待が膨らみました

テーマ特集「【東京モーターショー2017】メーカー各社、注目の出展内容は?」へ

この記事の画像をもっと見る(11枚)

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. SKYACTIV-Rがなかったのは残念です

  2. アテンザではなくアクセラでは?