夜行列車で目指せ雲海鑑賞 阪急交通社が「竹田城跡」ツアー企画

阪急交通社が、貸し切りの夜行列車で兵庫県朝来市に向かい、「雲海に浮かぶ竹田城跡」の鑑賞を目指すツアーを企画。2017年11月5日に発売します。

特急「こうのとり」の付属編成を使用

 阪急交通社は2017年11月1日(水)、団体専用の夜行列車を使ったツアー商品「夜行列車貸切り 『雲海列車』でいく!早朝の『竹田城跡』の旅」を5日(日)から発売すると発表しました。

 JR西日本福知山支社が協力。ツアーの夜行列車は、12月2日(土)に、定期列車である特急「こうのとり27号」(新大阪~福知山)の付属編成として、新大阪駅を22時04分に出発します。途中、大阪駅、尼崎駅、宝塚駅、三田駅からも乗車可。福知山駅に到着したあとは、貸し切りの付属編成3両が切り離され、車内は減光。翌3日(日)の早朝5時ごろに和田山駅(兵庫県朝来市)に到着します。

171101 hankoutakeda 01
特急「こうのとり」や、今回の夜行列車に使われるJR西日本289系特急形電車のイメージ(画像:阪急交通社)。

 阪急交通社によるとツアーの日程は「雲海の発生確率が高いシーズン」に設定。立雲峡展望台からは、気象条件が良ければ雲海に浮かぶ竹田城跡を鑑賞できます。朝食として兵庫県豊岡市但東町の「クリタマ」を使った卵かけごはん定食を味わったあとは、さらに竹田城跡などを観光し、帰路は和田山駅から、通常のJR特急列車の指定席を使用します。

 旅行代金は大人1万2980円。募集人数は84人です。阪急交通社は「昨今、本数が少なくなった夜行列車体験に加えて、福知山駅での切り離しの模様など、旅のわくわく感を盛り上げます」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171101 hankoutakeda 02
  • Thumbnail 171101 hankoutakeda 03
  • Thumbnail 171101 hankoutakeda 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 前々から思っていたのだが、サンライズエクスプレス用の285系車両の予備編成を使って、
    首都圏から和田山駅まで雲海目的の臨時列車が有っても良いと思います。
    (和田山駅からはバスか気動車にて接続)

    帰りの所要時間を考えても鉄道が競争力を持つ区間だと思いますし、丹後地方はこれからカニシーズンになります。

    ツアー商品として、近畿地方からりんかい線経由舞浜行き直通列車(乃至コミケ目的)と雲海目的の臨時列車を組み合わせては如何でしょうか?