北海道新幹線、開業初年度は54億円の赤字に 一部廃止の留萌本線は収支「改善」

JR北海道が2016年度の線区別収支状況を発表。2016年3月に開業した北海道新幹線は、54億円の赤字でした。

北海道新幹線の営業係数は「146円」

 JR北海道は2017年11月7日(火)、各鉄道線区の2016年度における収支状況を発表。2016年3月に開業した北海道新幹線は、54億円の営業損失となったことが分かりました。

 2016年度における北海道新幹線(新青森~新函館北斗)の営業収益は116億5300万円で、営業費用(管理費含む)は170億5900万円。営業損益(同)はマイナス54億600万円でした。

Large 171107 jrhsyushi 01
青函トンネルをくぐり本州と北海道を結んでいる北海道新幹線(画像:photolibrary)。

 100円の営業収益を得るために必要な営業費用の指数を「営業係数」といいます。今回初めて発表された北海道新幹線の営業係数(管理費含む)は、146円でした。つまり、100円の収益を得るために、146円の経費を要した計算になります。

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

15件のコメント

  1. 54億の赤字ですか
    だから 新幹線を開業させたのが大間違いだといったじゃないか
    新幹線なんか廃止して 四季島を寝台特急にして 函館~八戸間の特急を復活させましょう

    • アタマお花畑ですかあ?
      本州~北海道に移動するのに鉄道を利用するのは、鉄オタとカネ持ちくらいだよ。
      いまLCCで成田~千歳は往復1万かからない。
      そんな時代に新幹線はおろか、それよりも高額で長時間かかる寝台列車なんて、誰が利用するっていうの?

  2. ここまで来ても、労組上層部は函館〜新函館北斗のICカード導入反対とか、SAPICAとの連携反対とか、乗客を馬鹿にした、明らかに不利益な対応をし続けるのか?
    ふざけるな!

    • 10年ちょっとでこの区間の在来線はJR北海道の管轄からはずれる予定なので、ICカードシステムに投資するメリットは薄い、と考えたのでしょう。
      何か勘違いされているかもしれませんが、少なくともこの区間の全ての駅の改札をICカード対応にしなくてはならない、ICカードシステムのためのネットワークをひかなければならない。そのための維持管理コストが『今まで自動改札機がないような駅にも』必要になる。
      たった10年ほどのために、投資しようと思いますか?
      これを投資する価値があるなら、3セク化にはならないはずです。

    • SAPICAは暗号鍵などで他のIC乗車券と違う制御かけているので双方向共通利用は難しいんですよね。もしやろうとすると全ての改札機の改修が必要になりますから、JR北海道としても労組どうこう以前に渋るのは当たり前の話です。
      他地域からの乗客へのサービスとしてもkitacaは全国共通利用対応ですが、SAPICAは上記の理由で一部片方向のみですしね。
      (SAPICAは三セクに乗車券システムやらせたからこうなったとしか…)

      函館近郊のICカード化も経営分離後に受け持つ三セク及び沿線自治体の維持負担を考えたらおいそれと導入はできないでしょう。簡易改札機も安くはないですからね。もし無人駅で壊されたら長い距離走って修理にいく手間もかかります。
      (全列車ワンマン化してバス型改札機入れるなら可能かもしれませんが)

    • むしろ函館圏のICカードは「ICAS nimoca」で統一しちまった方が良いんではないか。
      いまさらJR北が置き土産でKitacaを導入したところでメリットがあるとも思えないし、システム的にはその方がむしろ安く付くであろうし。地元民としても函館バス・市電と乗継割引のある方がナンボかマシでしょう。

      JR北海道は札幌圏+新幹線・特急の運営会社に特化する方向性で行くしかなかろう。もちろん線路の上下分離は最低限の話で、それでも経営は相当厳しい。
      なお、JR東が根本受益分として北海道新幹線の経費の相当程度を分担している事を考えると、新幹線の札幌延伸とともに青函トンネルの負担を引き受ける密約くらいはありそうな話であると思う。
      ※現状で新青森-新函館北斗の経営をJR北に持たせているのは、JR北に新幹線運営のノウハウを勉強させる良い題材になること・津軽線経営分離問題を顕在化させない等のメリットがある。そこには国鉄分離の修羅場を経験したJR東や政府当局として「ぬるま湯的な経営支援では体質改善が期待できない」から修羅場を潜らせる判断もあるのでしょうが、その点で現状でのJR北・北海道庁・札幌市の当事者意識の希薄さは気掛かりではあります(新幹線札幌駅ホームの位置問題など)。

  3. 正直なところ、北海道新幹線は青函トンネルを渡る必要はなく、北海道内で閉じていまの在来線特急の置き換えと、不採算在来線の切り離しにしたほうがいい。
    北海道内観光地の移動の短時間化で、一回の旅程でより多くの観光地を巡ってもらえるだろう。
    なんなら青函トンネルも手放して、JR貨物に維持させればいいんだよ。
    本州からわざわざ新幹線に乗ってくる酔狂な人等のために余計なコストをかけ過ぎだわ。

  4. 国鉄の分割民営化当時に、労務対策上なのか、旅客と貨物を分けたが、北海道に関しては一緒にしても良いのではないか。人口密度が低くて旅客輸送の成り立ちにくい所でも、貨物の需要を掘り起こせる場合がある。
    大型掘削機械を使った大規模な石炭露天掘り、石炭貨物輸送、IGCCの石炭火力発電、経済的にCO2を収集貯留する技術の開発、の4点セットで振興を図れないか。

  5. 新幹線開業で青函を在来線が定期で往き来できない理由は仕方ないとしても、今更に冬が近付くと赤字報告なんぞは少々耳障りになってきたな、なんだか関門を往き来している普通列車の腐食の様を北海道新幹線に重てしまうけどね

  6. 皆さん長野新幹線が金沢延伸前は赤字だったことを忘れてないかい?
    札幌延伸込みでどうなるか、沿線の経済効果も合わせて見ていかなければ駄目でしょう。
    今結論出すのは、時期早々だと思いますよ。

    • 九州のように当地から順に開業してりゃよかったかもしれませんね、先ずは青函を旅客に限っては新幹線強要にした事の理由の裏では新幹線と貨物のダイヤを潜り抜けてまで観光列車だけは走らせる見苦しさと言うか、やはり民社の皮を被ったJNRなんじゃないですかね

  7. ともかくJR北海道に新幹線やらせるの止めさせようや。
    何やらかしてくれるか、気が気じゃない。
    企業体質なんてのは、そうそう変わるもんじゃない。

  8. 北海道新幹線の収支はまあ予想通りでしたね。
    とはいえ来年度経営努力でどれだけ持ち直す見守るべきですが、来年度悪化であればいろいろ考えざるを得ないでしょう。
    上越新幹線も完成当時は政治的な関りを問われたり2両で走る風刺漫画があったりと散々でしたが、今では言うまでもなくだし。

  9. せめて札幌駅までは延伸して欲しい

  10. 初年度は開業設備の投資分でマイナスになるのは分かってることなんだけどね。北海道新幹線を札幌から開業させればよかったのに。
    さすがに北海道新幹線はJR東日本の睨みが効いてるだけあるね。JR北海道の会長がJR東日本の元常務で保守屋ってだけで、鈴付いてることが一目瞭然。