マツダ「SKYACTIV X」、回してみて見えたものとは? 話題の新エンジン搭載車に試乗

「SKYACTIV X」の特性はなにを担ったものなのか?

 ちなみにマツダはこの「SKYACTIV X」を内燃機関の最終形としてはおらず、その特性が適した地域に「G(ガソリンエンジン)」「D(ディーゼルエンジン)」「X」を供給していくとしています。またここに、モーターを組み合わせていく考えを持っています。

 そしてこの「SKYACTIV X」というエンジンは、日本の道路事情にはかなり合っているのではないかと感じました。充実した低中速トルクがもたらす低燃費、高速巡航時の静かさ。これに加えていざアクセルを踏み込んだときの伸びやかさがあることによって、クルマを持つことの楽しさや所有欲は大きく満たされるのではないでしょうか。これこそがまさに、次世代の「人馬一体」なのだと思います。

Large 171106 mazda 08
試作車の体験試乗の様子(画像:マツダ)

 そしてこのエンジンとシャシーは、「東京モーターショー2017」で発表された「KAI CONCEPT 魁」への搭載を想定されているのです。このモデルは時期型「アクセラ」とも言われており、サイズ的にもそれは合っていると思います。もちろんショーモデルのデザインがそのまま出てくることはないとは思いますが、これが登場すれば間違いなく世界に通用するコンパクトハッチバックになるでしょう。

 その登場予想時期は2018年後半。ちょっと待ち遠しいですが、かなり期待してよいと思います。

【了】

マツダ アクセラの中古車情報

U00030036487 001l

排気量
1490cc~2300cc
価格帯
8.0万円~259.6万円

中古車情報を見る

マツダ アクセラスポーツの中古車情報

U00030049391 001l

排気量
1490cc~2300cc
価格帯
10.0万円~253.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(9枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. レーサーとかモータージャーナリストが毎度一番に味見するような記事には飽きた

  2. なんか「鉄育開始!」に妙なコメントがあったのですが、慌てていてコメント入力記事を間違えたんですね。