「アウトランダー PHEV」特別仕様車発売 人気の100V AC電源は標準装備へ 三菱自動車

三菱自動車がプラグインハイブリッド搭載中型SUV「アウトランダー PHEV」の特別仕様車を発表、販売開始しました。

より安全に、より便利に

 三菱自動車は2016年11月16日(木)、世界初のプラグインハイブリッドSUVである「アウトランダー PHEV」の特別仕様車「G Limited Edition」を発表、同日より販売を開始しました。同車のベーシックグレード「M」をベース車とししています。

Large 171116 outlander 01
「アウトランダーPHEV」特別仕様車「G Limited Edition」(画像:三菱自動車)。

●「アウトランダー PHEV G Limited Edition」のポイント
・三菱自動車の予防安全技術「e-Assist」における以下の機能を標準装備し、国が推奨する「サポカー」対象とした。
 ・衝突被害軽減ブレーキシステム「FCM」。
 ・車線逸脱警報システム「LDW」。
 ・レーダークルーズコントロールシステム「ACC」。
 ・オートマチックハイビーム「AHB」。
・誤発進抑制機能(前進&後退時)「UMS」とパーキングセンサー(フロント/リア)をメーカーセットオプション設定。これらを搭載することで「サポカーSワイド」対象に。
・これまでの「アウトランダー PHEV」にて装着率約80%の人気メーカーオプションである「100V AC電源(1500W)」を標準装備。
・「ステアリングヒーター」「自動防眩ルームミラー」「雨滴感応オートワイパー」を装備。
・エクステリアは18インチラウンドリムタイプアルミホイールおよび225/55R18タイヤ(マッド&スノー)とLEDフォグランプを採用。
・ボディカラーは「ブラックマイカ」「スターリングシルバーメタリック」、有料の「ホワイトパール(3万2400円、税込)」の全3色。
・価格は382万6440円(税込)。エコカー減税(取得税、重量税免税)対象、クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(上限20万円)対象。

 三菱自動車は「アウトランダー PHEV G Limited Edition」について、「予防安全技術『e-Assist』や100V AC電源(1500W)などを装備しながらも、価格を抑え、より幅広いお客様にお選び頂ける特別仕様車としました」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171116 outlander 02
  • Thumbnail 171116 outlander 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. アウトランダーもカッコいいけど、三菱だったらわたしは、アイが好きです!