エレベーターの「開」は左にある? 知っていれば押し間違えない配置の法則性とは

エレベーターの「開」と「閉」のボタン。あることを知っていれば、押し間違いを防ぐことができるかもしれません。

ほとんどのエレベーターで共通のあること

 エレベーターの「開」と「閉」のボタンが並んでいる場合、「開」はたいてい左にある気がします。

Large 171120 elevator 01
多くのボタンが並んだエレベーターの操作盤。写真はイメージ(乗りものニュース編集部撮影)。

 実際にどうなのでしょうか。エレベーターのボタン配置に決まりはあるのか、日本エレベーター協会に聞きました。

――ボタンの配置などに決まりはあるのでしょうか?

 協会の標準はありますが、法令などで決まっているわけではありません。たとえば「開」「閉」ボタンについては、階数ボタン群の上につけるか、下につけるかなど、最終的にはエレベーターごとの設計や、メーカー、所有者の意向によっても異なってきます。

――押し間違えないためのポイントは、何かありますでしょうか?

 協会標準では「開」が左、「閉」が右に配置されており、これは多くのエレベーターで共通すると思いますので、「『開』が左」と覚えておくのはよいかもしれません。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 閉めるの印がどうも開く印に見えちまって駆け込んでくる人に悪いことしちゃってんだよね毎度!

  2. 開閉のボタンは、大抵一番上にあるから身長の低い子供には使いづらいと思う。