ダイハツ「DN U-SPACE」が刺さるワケ ママ目線なら一目瞭然? ポイントは「掃除」

「東京モーターショー2017」にダイハツが出品した軽コンセプトカー「DN U-SPACE」。子育て中の主婦をターゲット層にうたっていますが、実際のところママたちにはどのように受け取られたのでしょうか。

メインターゲットはずばり「ママ」

 2017年10月27日(土)から11月5日(日)まで、東京ビッグサイトで開催されていた「東京モーターショー2017」。数あるコンセプトカーの中でも、個人(下高井戸ユキ:ライター)的に一番グッと来たのが、ダイハツの「DN U-SPACE」でした。

171120 uspace 01
「東京モーターショー2017」にて世界初披露された、ダイハツのコンセプトカー「DN U-SPACE」(下高井戸ユキ提供)。

 この「忙しいママを支える、モアスペース系軽自動車」は、ダイハツ「タント」のユーザー層に視点を据えたコンセプトモデル。近未来な見た目ですが、パワートレーンは660ccのガソリンエンジンで、バーンと開く前後スライドドアが特徴です。前ドアはBピラーインで、開口部がとにかく広いのです。乗降スペースの優位性から、「前席もスライドドアにしてほしい!」という声は前からあったそうですが、強度の問題などでなかなか難しいのだとか。

 もうひとつ興味深いのは、助手席のチルトアップ機能です。前方にスライドするだけではなく、インパネにビターッとくっつくくらい移動してくれるので、後部座席の足元がかなり広く使えます。これは、学校帰りの習い事などの際、お子さんが車内で悠々着替えられるように、ということらしいですが、お子さんの前にお母さんが向き合って屈んでも、狭さを感じないくらいゆとりがあります。車内高も、130~140cmくらいの子までなら、真っすぐ立てる仕様になっているのだそう。つまり、「ちょっとした部屋」感がある広さです。

171120 uspace 02
前後スライドドアを採用し、とにかく広い開口部。助手席を前にスライドさせれば実に広々とした車内空間が出現する(下高井戸ユキ提供)。

 しかも、ドアの開閉、助手席チルトアップともに、ボタンひとつでできるハンズフリー機能付きです。シートのサイドにリクライニング用のレバーもなければ、シート下のスライドさせるためのレバーもありません。もちろん、コンセプトカーだからということはわかっていますが、それでもかなりすっきり、余分なものが何もない状態です。

テーマ特集「【東京モーターショー2017】メーカー各社、注目の出展内容は?」へ

Logo厳選在庫常時400,000台以上!中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(9枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171120 uspace 09
  • Thumbnail 171120 uspace 01
  • Thumbnail 171120 uspace 02
  • Thumbnail 171120 uspace 03
  • Thumbnail 171120 uspace 04
  • Thumbnail 171120 uspace 05
  • Thumbnail 171120 uspace 06
  • Thumbnail 171120 uspace 07
  • Thumbnail 171120 uspace 08

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ダイハツだったら、丸目4灯のムーヴカスタムが、カッコいいですね!