福島 Jヴィレッジ付近に新駅構想、その目的は? 原発事故からの復旧受けJR常磐線に

福島第一原発事故の影響によるかつての避難区域内に、JR常磐線の新駅構想が浮上しました。なにを目指しているのでしょうか。

あの「Jヴィレッジ」、もともとはサッカー施設

 福島県内を走るJR常磐線に、新しく駅を設置する動きが浮上しました。福島県双葉郡の8町村で構成される双葉地方町村会が2017年11月、県に要望したもので、場所は広野町と楢葉町にまたがるサッカー施設「Jヴィレッジ」付近といいます。

 Jヴィレッジは東京電力などの出資で建設、運営されていた施設です。2011(平成23)年3月に発生した福島第一原子力発電所事故ののちは、その収束に向けた作業のための拠点として活用され、一時は東京電力福島復興本社も置かれていました。原発事故後、楢葉町、広野町ともに全町避難を余儀なくされていましたが、広野町では2012年4月、楢葉町では2015年9月に避難指示が解除されました。

171117 joban 01
かつて常磐線特急「スーパーひたち」に使われた651系電車。現在は、いわき~竜田間で普通列車として走っている。写真はイメージ(画像:photolibrary)。

 双葉地方町村会に、新駅構想について詳細を聞きました。

――新駅はどのような場所に造るのでしょうか?

 Jヴィレッジ付近ではありますが、具体的な場所は今後JRさんと詰めていくことになります。Jヴィレッジは楢葉町と広野町にまたがっており、原発事故後、この付近は福島第一原発から半径20km圏内に位置する「避難指示区域」と、30km圏内に位置する「緊急時避難準備区域」の境目になっていました。

――なぜ新駅を設置するのでしょうか?

 避難指示が解除され復興を進めるなかで、(広野町、楢葉町が属する)双葉郡を象徴する施設であるJヴィレッジの利便性を向上させる目的があります。駅から距離があるため、これまで施設利用者はおもにバスを使っていました。

 Jヴィレッジは2019年の施設全面再開(一部は2018年夏に再開予定)に向け復旧工事に着手しており、あわせてサッカーJ1の公式戦が可能な規模に拡張することが計画されています。日本代表の合宿なども行われるようになるかもしれません。Jヴィレッジの再開と新駅の設置が、交流人口の増加に寄与すると考えています。

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171117 joban 02
  • Thumbnail 171117 joban 01

関連記事

最新記事

コメント