「道路」を走れないバイク発売 サーキット専用、2モデル ヤマハ発動機

ヤマハ発動機が、ロードレースおよびサーキット走行専用モデル「YZF-R1 レースベース車」と「YZF-R6 レースベース車」を発売します。

期間限定で予約受付

 ヤマハ発動機は2017年11月27日(月)、ロードレース競技およびサーキット走行専用モデル「YZF-R1 レースベース車」と「YZF-R6 レースベース車」を発売すると発表しました。

 両モデルは、それぞれ2018年モデルのスーパースポーツ「YZF-R1」「YZF-R6」(いずれも欧州仕様)をベースに、レースなどサーキット用途に配慮したものです。クラッチ操作なしでもシフトダウン可能なクイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用しているほか、「YZF-R6 レースベース車」はトラクション・コントロール・システム(TCS)に加え、上位モデル「YZF-R1 レースベース車」と同型のフロントサスペンション、フロントブレーキなども採用しています。

171127 yamahayzf 01
「YZF-R1 レースベース車」のイメージ(画像:ヤマハ発動機)。

「YZF-R1 レースベース車」「YZF-R6 レースベース車」とも、11月27日(月)から12月22日(金)までの期間限定予約による受注生産。予約窓口は全国の「ヤマハオンロードコンペティションモデル正規取扱店」です。

「YZF-R1 レースベース車」は2018年4月27日(金)に発売。メーカー希望小売価格は210万6000円(税込)。「YZF-R6 レースベース車」は2018年3月30日(金)に発売。メーカー希望小売価格は118万8000円(税込)です。

171127 yamahayzf 02
「YZF-R6 レースベース車」のイメージ(画像:ヤマハ発動機)。

 なお、両モデルともロードレース競技およびサーキット走行専用モデルであり、国土交通省の認定を受けていないため、ナンバープレートは取得できません。そのため、ヤマハ発動機は「道路を走行できません。道路を走行すると道路交通法及び道路運送車両法の違反となります。私道、寺の境内、海辺、堤防上、農道、林道など道路の形態を整えていないところでも、人や車が自由に出入り出来るところは道路とみなされます」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(8枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171127 yamahayzf 03
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 04
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 05
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 06
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 07
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 08
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 01
  • Thumbnail 171127 yamahayzf 02

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. わたしの、好きなオートバイは沢山あって!まず、全メーカーのが好きで❗2ストだったら、ヤマハのRZ250に、TZR250後方排気が、憧れでーす!!