Suicaだけで新幹線の自由席に乗れる「タッチでGo! 新幹線」導入 JR東日本

JR東日本が、「Suica」などのICカードだけで新幹線の普通車自由席を利用できる新サービス「タッチでGo! 新幹線」を導入します。

事前のきっぷ購入は不要

 JR東日本は2017年12月5日(火)、「Suica」などで新幹線の普通車自由席を利用できる新サービス「タッチでGo! 新幹線」を導入すると発表しました。

 乗車券や特急券の事前購入は不要。「Suica」をはじめとする交通系ICカードで、チャージ(入金)残額があれば、対象エリアの新幹線停車駅相互間で新幹線の普通車自由席を利用できます。概要は次のとおりです。

●開始日(予定)
 2018年4月1日(日)
●対象エリア
・東北新幹線:東京~那須塩原間
・上越新幹線:東京~上毛高原間
・北陸新幹線:東京~安中榛名間
・大宮で東北・上越新幹線を乗り継ぐ場合と、高崎で上越・北陸新幹線を乗り継ぐ場合は対象外。
●対象ICカード(全国相互利用対象の10種類)
・Suica
・PASMO
・Kitaca
・TOICA
・manaca(マナカ)
・ICOCA
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん

171205 jretouchdego 01
「タッチでGo! 新幹線」は、「Suica」などで新幹線の普通車自由席を利用できる(画像:JR東日本)。

 利用時に差し引かれる金額は、乗車券と特急券の効力が一体となった専用商品の値段です。新幹線から在来線に乗り換える際などは、別途、在来線の運賃が必要になります。

 なお、サービス開始から当分のあいだは、キャンペーン価格を適用。たとえば東北新幹線の東京~宇都宮間は、所定運賃・料金の合計が4410円のところ、「タッチでGo! 新幹線」だと4210円で利用できます。

 サービスの詳細や各区間の具体的な価格は決まり次第、告知される予定です。また、JR東日本によると、新幹線の指定席についても、2019年度末をめどに「ICカードでシームレスにご利用いただけるサービスの導入」を検討しているということです。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171205 jretouchdego 02
  • Thumbnail 171205 jretouchdego 01

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. Suica欲しくなった!

  2. JR東海も、JR各社発行のICカード改札口にタッチしてそのまま東海道新幹線に乗車できる(自由席・指定席どちらも可)「スマートEX」を開始している。
    しかし、それはあくまでICカードとクレジットカードを紐付けし、PCやスマートフォンで購入手続きをしなければならず、在来線に乗るが如くそのまま改札口でICカードをタッチして、ICカード内にチャージしてある金額だけで改札口を通過出来る訳ではない。その点、今回のサービスは、純粋にICカード内にチャージしてある金額だけで新幹線に乗車できる様になるとの事なので大変便利で利用価値があるサービスになると思う。

    また、東京上野ラインが開業して高崎線や東北本線等と東海道線が直通運転になり、当該線区を走行する列車に東京駅から乗車した場合、開業以降着席出来る確率が著しく低下しているのだが、だからといってわざわざ切符を購入したり、モバイルSuicaで購入処理をしてまで新幹線を利用しようとはなかなか思わないのではないだろうか。
    ところが今回のサービスの登場により普段の定期区間を利用するのと同じ使い勝手で、心理的なハードルも下がれば、遠距離通勤している人達を中心に利用者が出て来ると考えている。

    流石に毎日利用するのは無理でも、せめて週末や給料日等ちょっとしたきっかけでも気軽に利用出来る様になるのはとてもありがたいと思う。

    ※また、モバイルSuicaを利用している人はJR東日本のviewカードを紐付けしている方も多いとは思うが、さらにモバイルSuicaへのオートチャージ機能も使ってますます便利で快適に利用出来る様になると思いますので、まだ利用設定していない方は是非設定してみることをおすすめします。

  3. 同じ新幹線を名乗りながら、東と海でシステムが違うのはほんとにやめてほしい。

    新幹線改札のシステムは海や西のほうがDLがなく、利用票もでて優秀。

    今回は自由席なのでそもそも必要ないが、今後指定席にカード対応した際、DLはできないわけだから、どのような改修をしてくるかが見もの。それで利用票(座席番号)がでないとなると、ほんとに不便になるのでは?

  4. ナイスなんだけど、東北新幹線は対象区間を仙台までにして貰えると良かった。福島~仙台で“たまには”という人もいるだろう。