「竜宮城」片瀬江ノ島駅が建て替え 雰囲気踏襲、「遊び心と品格」備えた姿に 小田急

小田急電鉄が、江ノ島線・片瀬江ノ島駅の改良工事に着手へ。「竜宮城」をイメージした駅舎も建て替えます。

2020年5月完成予定

 小田急電鉄は2017年12月12日(火)、江ノ島線の片瀬江ノ島駅(神奈川県藤沢市)について、2018年2月から改良工事に着手すると発表しました。

 片瀬江ノ島駅は1929(昭和4)年に開設。「竜宮城」をイメージした駅舎が特徴で、1999(平成11)年には「関東の駅100選」にも選定されました。今回、駅舎が老朽化していることなどから、駅全体の改良工事が始まります。

171212 odakyukatase 01
小田急江ノ島線・片瀬江ノ島駅の改良工事後イメージ(画像:小田急電鉄)。

 駅舎は、現在の竜宮城の雰囲気を踏襲しつつ、「竜宮造り」という社寺の建築様式を採用し建て替え。「遊び心と同時に品格を備えた姿にデザイン」(小田急電鉄)したといいます。

 ホームの屋根は、現在のスレート屋根から、自然光を採り入れられるテント膜屋根と耐久性に優れた折板屋根に。コンコースも現在より約25%広くなり、大型イベントの際の流動がスムーズになります。トイレも男女ともに個室が増え、また女性用パウダーコーナーが新たに加わるなど、全面リニューアルします。

 敷地面積は1305平方メートル(394坪)、建物は地上2階建てで、延床面積は936平方メートル(283坪)です。

 工事は2020年5月に完成予定。小田急電鉄は「2020年に向けて、国内外問わず多くのお客さまにお越しいただける駅を目指してまいります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171212 odakyukatase 02
  • Thumbnail 171212 odakyukatase 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 江の島線の他の時間が止まったような駅も何とかしてよ、こっちが先に竜宮城帰りの浦島太郎になっちまうよ