シャンシャン公開で記念乗車券発売 ラッピング列車も運行 京成

上野動物園の赤ちゃんパンダ「シャンシャン」の一般公開にあわせ、京成電鉄と京成不動産が様々なお祝い企画を実施しています。

乗車券は都内1日乗り放題

 2017年12月19日(火)から、上野動物園で一般公開が始まったジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」と母「シンシン」。京成電鉄と京成不動産は、この一般公開を記念した様々なお祝い企画を行っています。詳細は以下の通り。

●記念乗車券の発売

・発売日:12月19日(火)限定6000部 ※売り切れ次第終了
・有効期限:2018年6月19日(火)までのうちの1日限り
・利用区間:京成電鉄の東京都内エリア(1日乗り降り自由)
・販売価格:500円(税込)
・販売駅:京成上野、日暮里、千住大橋、押上、青砥、京成高砂、京成金町、市川真間、京成八幡、東中山、京成船橋、京成津田沼、八千代台、勝田台、京成佐倉、京成成田、空港第2ビル、京成稲毛、京成千葉、学園前

Large 171219 panda 01
全面パンダ柄の記念乗車券のイメージ(画像:京成電鉄)。

●ラッピングトレインの運行

 12月26日(火)から、3000系電車のうち1編成が「京成パンダ号」仕様に。千葉線、千原線、金町線を除く京成線全線で運行されます(北総線、都営浅草線、京急線、芝山鉄道線へも乗り入れ)。

 このほか、親子パンダの写真入り京成上野駅駐車場プリペイドカードの発売、京成上野駅でのお祝い装飾など、様々な企画が行われています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171219 panda 02
  • Thumbnail 171219 panda 01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 京成パンダは目が怖い。マナー違反者にはカンフーとか拳法とかで制裁をくわえそうで。