国道20号「大月バイパス」2020年度に全通へ

国道20号大月バイパスの大月市大月二丁目(国道139号交差点)~大月町花咲(国道20号交差点)間について、開通見通しが発表されました。

想定以上の岩塊が多数あり、施工方法などを見直し

 国土交通省関東地方整備局は2017年12月、国道20号大月バイパスの大月市大月二丁目(国道139号交差点)~大月町花咲(国道20号交差点)間が、2020年度に開通する見込みであると発表しました。

171222 ootsukibai 01
国道20号大月バイパスの平面図。点線部が未開通(画像:国土交通省関東地方整備局)。

 大月バイパスは、国道139号より東側の約1.7kmが2007(平成19)年度までに開通しており、現在は国道139号線より西側の残り1.5km部分について整備が進められています。

 国土交通省関東地方整備局によると、この西側区間の工事現場で想定以上の岩塊が多数確認されたことから、落石防護柵の位置や構造の変更、施工方法の見直しを実施。その結果、開通見通しが2020年度になったといいます。同局は、「一日も早い開通に向け、引き続き、安全に配慮しながら事業を進めていく」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 171222 ootsukibai 02
  • Thumbnail 171222 ootsukibai 01

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. マツダへの要望。新型コスモを発売してほしい!!

  2. 「池の水ぜんぶ抜く」でやってた大岩を取り除く企画をここでもやってみては?

  3. 地元議員の要望でどんどん道路作られても困る。