中日本で1番の「SAメシ」は? 各SAが腕を競う「メニューコンテスト」開催

予選を勝ち抜いた11のSAをチェックしよう

 12月20日にNEXCO中日本および中日本エクシスが開催した「メニューコンテスト」へ参戦したのは、中日本エリア各地の予選を勝ち抜いた11の店舗。正直、ここまで来ただけでも料理人の腕は相当に高いと言えます。顔ぶれは以下のとおりです。

●第10回「メニューコンテスト」決勝参加SA
・北陸道:有磯海SA(下り)/有磯海SA(上り)/尼御前SA(上り)
・東名高速:上郷SA(上り)/EXPASA足柄(上り)
・新東名高速:NEOPASA駿河湾沼津(上り)
・中央道:談合坂SA(上り)
・名神高速:EXPASA多賀(下り)/多賀SA(上り)/養老SA(上り)
・長野道:梓川SA(下り)

Large 171228 sa 02 Large 171228 sa 03
10回を数える「メニューコンテスト」の、決勝審査の様子(2017年12月20日、鈴木ケンイチ撮影)。

 コンテスト当日は、審査の最後に関係者による試食会が行われます。参加する会社やNEXCOなどの関係者だけでなく、取材する我々プレスも試食を楽しめます。私(鈴木ケンイチ:モータージャーナリスト)もきっちりと全部いただきました。その上で言わせていただければ、決勝に進出したメニューで外れはありません。すべてが十分に美味しいものでした。勝ち負けの差は、ほんのわずかなものでしょう。中日本エリアで食事を考えるときは、予選を勝ち抜いた、この11のSAを利用すれば間違いないのではないでしょうか。

 しかし、勝負は勝負。厳しいけれど、誰かが勝って、誰かが負けるのがコンテストです。

この記事の画像をもっと見る(9枚)

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. フォードのサンダバードも、素敵ですね!