富士山ごしの初日の出は見えた? JAL恒例「初日の出フライト」、2018年もテイクオフ

JAL恒例の初日の出フライト、2018年も1月1日未明、全国各地の空港から離陸しました。羽田発着のJAL1811便は、富士山ごしに初日の出を眺めるコースをたどります。縁起物の富士山は、果たして姿を現したのでしょうか。

植木社長、ミス・準ミス日本がお出迎え

 初日の出や、縁起物とされる初富士を空から眺めるという、JAL(日本航空)恒例の「初日の出 初富士フライト」が、2018年元旦も実施されました。

180101 jal 01
羽田発着JAL1811便にて、2018年の初日の出を迎えた機内の様子(2018年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 JALおよびグループ各社の企画も含め、国内各地の空港を発着する初日の出フライトが設定されており、羽田空港を発着するそれは2018年1月1日にちなみ「JAL1811」の便名がふられていました。使用機材はボーイング767-300ERで、国内線の「JAL SKY NEXT」仕様です。発売された230席は、窓際はもちろん、中央の席にいたるまですべて完売でした。ちなみに最も高額な席はファーストクラスの窓側で、2席ごと(旅客ふたり)の販売で14万円(1席あたり7万円)とのことです。

180101 jal 02
羽田発着JAL1811便。使用機材はボーイング767-300ER「JAL SKY NEXT」(2018年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 当然といえば当然なのですが、参加者の集合時間はいわゆる「未明」の時間帯、除夜の鐘もついさっき聞いたばかりという午前4時台から受付が開始されます。羽田空港の10番ゲートでは、JALの植木義晴社長とミス日本グランプリ・ミス着物の高田紫帆さん、準ミス日本の宮西伽奈さんらが参加者を出迎え、記念写真の撮影に応じていました。

180101 jal 03
左からミス日本の高田紫帆さん、JAL植木社長、準ミス日本の宮西伽奈さん。搭乗口で参加者をお出迎え(2018年1月1日、乗りものニュース編集部撮影)。

 搭乗口で開かれたセレモニーでは、植木社長が新年のあいさつに立ち、やがて午前6時4分、JAL1811便はまだ暗い羽田空港を離陸しました。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180101 jal 06
  • Thumbnail 180101 jal 01
  • Thumbnail 180101 jal 02
  • Thumbnail 180101 jal 03
  • Thumbnail 180101 jal 04
  • Thumbnail 180101 jal 05

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. クラウンだったら、旧年式のがいいですね❗
    最近モデルチェンジした新型クラウンもカッコいいですけど、わたしは、旧年式のがとても魅力的です❗

  2. 行きたーい

  3. 毎度の事、頭が高いな、神前は正面に立ちたがるわ