大阪・道頓堀「えびすタワー」が約10年ぶりに復活 待ち合い場も和装に新設

ドン・キホーテ道頓堀店の観覧車「えびすタワー」が約10年ぶりに復活。ゴンドラ180度水平回転は健在。待ち合い場も和装に新設されます。

待ち合い場も和装に新設

 ドン・キホーテ道頓堀店(大阪市中央区)の観覧車「えびすタワー」が2018年1月19日(金)、約10年ぶりに復活します。

「えびすタワー」は、2005(平成17)年にオープン。建物の形状に沿った長円形が特徴で、ゴンドラが180度水平回転する世界初の観覧車として知られていましたが、レールの不具合などから2008(平成20)年より営業を休止していました。詳細は次のとおりです。

Large 180118 donkey 01
ドン・キホーテ道頓堀店の観覧車「えびすタワー」のイメージ(画像:ドン・キホーテ)。

・営業は午前11時から23時まで。年中無休。

・搭乗時間は約15分。

・料金は通常パスが600円、電子マネー「majica」会員向けの予約制搭乗パスポート「majicaるパス」が1000円。

・待ち合い場を、日本古来の縁起物を並べた和装に新設。

 ドン・キホーテは「『えびすタワー』に寄せられた『観覧車に乗ってみたい』『動かしてほしい』という要望を受け、道頓堀界隈の更なる発展に寄与すべく、観覧車の運転を復活する運びとなりました」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180118 donkey 02
  • Thumbnail 180118 donkey 03
  • Thumbnail 180118 donkey 01

最新記事

コメント