羽田・成田の発着枠拡大で国際線拡大、国内線は新型機導入を継続 ANA中期経営戦略

ANAグループが、2018~2022年度の中期経営戦略を策定。国内線旅客事業の収益基盤を堅持したうえで、国際線旅客事業をさらに成長させていく方針です。

国際線未就航エリアへのアプローチを強化

 ANA(全日空)は2018年2月1日(木)、新たな5年間の成長戦略をまとめた「2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略」を発表しました。

Large 180201 anakeiei 01
ANAグループが2018~2022年度の中期経営戦略を策定(2016年3月、恵 知仁撮影)。

 国内線旅客事業の収益基盤を堅持したうえで、国際線旅客事業をさらに成長させます。貨物、LCC、ノンエア各事業についても収入の拡大を図り、グループ全体の営業収入は2017年度の1兆9250億円(見通し)から、2022年度には2兆4500億円に成長させるとしています。

 具体的には、2020年に予定されている羽田・成田空港の発着枠拡大により、国際線路線網を拡大。未就航エリアへの進出や海外航空会社との提携を進めます。また、エアバスA380型機やボーイング787-10型機、ボーイング777-9X機などの新機材を導入し、快適性の向上を図ります。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180201 anakeiei 02
  • Thumbnail 180201 anakeiei 01
  • Thumbnail 180201 anakeiei 03

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 大型の貨物専用機って何だろう。特に機種名ないけど。

    • まさかの747新規導入!?

    • 今がB767-300BCFだから大型化と言ってもB777Fでしょ。今更B747-8Fを入れる旨味がない。