東急電鉄、新社長に高橋和夫さん 東急バスに19年間 新経営計画に向け4月から

2018年4月1日、東急電鉄の新社長に現・経営企画室長の高橋和夫さんが就任します。東急バスの分社化など、30年近く交通関連事業に携わった経歴の持ち主が、新たな「かじ取り役」になります。

新たな中期経営計画に向け社長交代

 東急電鉄の代表取締役社長が2018年4月1日(日)に交代します。2月8日(木)、その記者会見が行われました。

Large 180208 tokyu 01
東急電鉄社長の野本弘文さん(左)と、新社長に就任する高橋和夫さん(2018年2月8日、中島洋平撮影)。

 新社長は高橋和夫さん(60歳。「高」は正しくははしごだか)。現在の役職は専務執行役員経営企画室長です。現社長の野本弘文さんは、交代の理由について次のように話します。

「社長に就任して7年、2度にわたる中期経営計画を策定し、目標をおおむね達成してきました。創業100周年を迎える2020年に向け、2018年4月からの中期経営計画を高橋専務と策定するなか、ともに進めてくれている高橋専務にかじ取りを任せ、バトンをつなぐくことが最善と考えました」(野本さん)

 野本さんは経営者の要件として、「ビジョンを構想して社員に伝え、一緒になって実行していく力、さまざまな意見を総合して正しい判断を下す力、そしてリスクへの対応力」というみっつを挙げたうえで、「高橋専務はそのすべてを兼ね備えた、バランスのとれた人物」と評価しました。

 なお、野本さんは4月以降、代表権のある会長に就任し、東急グループ代表を引き続き兼任します。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180208 tokyu 03
  • Thumbnail 180208 tokyu 01
  • Thumbnail 180208 tokyu 02

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. 本当に、こんなご時世ですから、整備点検、老朽化対策にしっかりと力点を置いていただきたい。余計なこととは分かってますが、最近になってインフラの維持にどのくらいの労力が、特に点検の大事さがよーくわかってきましたから。

  2. また田園都市線遅れてます。運営能力なし、会社を売却してもらい、まともな鉄道会社に運営してもらいたい。