動かないものが動く錯覚体験 空港初の「変幻灯」を活用したミュージアム誕生 成田空港

成田空港に「変幻灯」技術を活用した映像体験ゾーン「SKY TRICK MUSEUM」がオープンします。これは、静止した写真などが動いているように見える錯覚技術を体感してもらうものです。成田国際空港はその印象を検証し、空港の空間演出に生かしていきたいとしています。

大規模イベントに向けた機運の醸成を成田から発信

 成田国際空港は2018年3月15日(木)、「変幻灯」技術を活用した映像体験ゾーン「SKY TRICK MUSEUM」を第2ターミナルに開設すると発表しました。

Large 180315 nrtmuseum 01
成田空港で開催される「SKY TRICK MUSEUM」のイメージ(画像:成田国際空港)。

 変幻灯技術とは、静止した写真や絵画などに特殊な影の映像を投影することで、それらがまるで動いているように見える錯覚を引き起こすものです。成田のSKY TRICK MUSEUMでは、スポーツのワンシーンが飛び出して見えるようなトリックアートやトップアスリートの写真パネルを展示して変幻灯を投影。選手のたなびくユニフォームや、筋肉の躍動までもが感じられるという不思議な体験を提供します。

 開催は3月19日(月)から5月31日(木)まで。運営時間は午前8時から22時半までです。場所は第2ターミナルの出国審査後のエリアで、搭乗ゲートへ向かう途上に全7枚を展示。第2ターミナルから出発する旅客のみが体験できます。

 成田国際空港は、本技術から受ける旅客の印象を調査し、今後の空間演出などへの応用を検討。それとともに「2019年、2020年に続く大規模スポーツイベントに向けた更なる機運の醸成とスポーツの魅力を成田空港から発信して参ります」としています。

【了】

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180315 nrtmuseum 02
  • Thumbnail 180315 nrtmuseum 01

関連記事

最新記事

コメント