黒いクルマは汚れが目立つ? それでも人気のワケは 専門家に聞く、その魅力と洗車術

クルマの色はさまざまですが、白と黒は世界共通で人気です。しかし、特に黒は「汚れや傷が目立つ」「手入れが大変」といった声も。黒いクルマにはどのような魅力があるのでしょうか、洗車の専門家に聞きました。

黒は最も傷が目立つ色

 クルマにはさまざまな車体色が設定されていますが、人気があるのはどのような色でしょうか。

180316 blackcar 01
光沢感のある黒いクルマ。写真はイメージ(画像:Bhakpong Rattanasaroj/123RF)。

 アメリカの塗料メーカー、アクサルタコーティングシステムズが1953(昭和28)年から毎年作成している「自動車人気色調査報告書」2017年版によると、日本で最も人気の車体色は白(35%)、次いで黒(22%)。世界全体でもこの傾向は共通で、1位が白(39%)、次いで黒(16%)だそうです。ある中古車量販店チェーンのオークション担当も以前の取材時、日本の中古車市場では「パールホワイト」と「パールブラック」の2色が人気で、それ以外の色は価格が下がる傾向だと話していました。

 一方で、特に黒いクルマは傷や汚れが目立ち、手入れが大変ともいわれます。

 たとえばホンダウェブサイト内「クルマ購入体験記 クルマ家族会議」で、「フィット」の車体色選びに迷っている人への一般読者からの投稿を見てみると、「プレミアムホワイト・パールをオススメします。私は黒のフィットに乗っていましたが、汚れや傷が目立つし、とにかく手入れが大変でした。今はインサイトのプレミアムホワイト・パールに乗っていますが、意外に傷や汚れが目立ちませんよ」「以前ブラックに乗ってましたが、確かにホコリ等汚れ目立ちますがせっせと洗車し、愛着が倍増しました」などといった書き込みが見られます。

 実際にはどうなのでしょうか。洗車に関する技能や知識などについての資格「洗車ソムリエ」の検定試験を行う日本洗車ソムリエ協会に話を聞きました。

――白いクルマと黒いクルマは、手入れの面でどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

 白は傷が見えにくいですが、黒は最も傷が目立つ色です。ただそれだけであって、手入れの条件などは変わりません。

――黒は手入れが大変ともいわれますが、なぜ人気なのでしょうか?

 黒いクルマに乗る人は、こまめに洗車して、きれいにしておくという意識のある人が多いかもしれません。手がかかるぶん、それに勝るかっこよさ、白では出せない深みや高級感があるのが魅力だと思います。要人の公用車などが黒ばかりなのは、そうした点ではないでしょうか。

テーマ特集「【トリビア】なぜその色? 乗りものの色、どんな意味がある?」へ

ホンダ N-BOXの中古車情報

Uz0024201737 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
29.8万円~238.9万円

中古車情報を見る

トヨタ プリウスの中古車情報

Uz0024202244 001l

排気量
1490cc~1800cc
価格帯
8.9万円~398.0万円

中古車情報を見る

スズキ ワゴンRの中古車情報

Uz0024202180 001l

排気量
600cc~660cc
価格帯
1円~999.0万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(2枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180316 blackcar 02
  • Thumbnail 180316 blackcar 01

関連記事

最新記事

コメント